ログイン
2019年1月12日 14時33分
通貨

ユーロ週間見通し:下げ渋りか、米中対立解消期待で円買い縮小も

■強含み、米追加利上げ観測後退でユーロ買い継続

先週のユーロ・ドルは強含み。12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨で、大半のメンバーが今後の追加利上げに対して慎重な姿勢を示したことから、年内利上げ観測は後退し、ユーロ買い・ドル売りが優勢になった。9日に発表された11月のユーロ圏失業率が市場予想を下回る7.9%に低下したこともユーロ買いにつながった。取引レンジ:1.1389ドル-1.1570ドル。

■下げ渋りか、米金利見通しなどがユーロを下支え

今週のユーロ・ドルは下げ渋りか。欧州中央銀行(ECB)は金利引き上げについて慎重な姿勢を維持しているが、年内の米追加利上げ観測は後退しており、ユーロ買い・ドル売りの興味は失われていない。一部の米政府機関の閉鎖は続いていることから、新たなユーロ売り材料が提供されない場合、ユーロの下げは小幅にとどまりそうだ。

予想レンジ:1.1400ドル-1.1550ドル

■強含み、米中協議進展への期待残る

先週のユーロ・円は強含み。米中の次官級会合での貿易協議の進展期待から世界的に株高となり、リスク回避ムードは後退してユーロ買い・円売りが観測された。一部の中国経済指標が市場予想を下回ったことから、ユーロ買いは一服したが、米ドル安・円高の進行は一服し、リスク回避的なユーロ売り・円買いを抑制した。取引レンジ:123円41銭-125円09銭。

■下げ渋りか、米中対立解消期待で円買い縮小も

今週のユーロ・円は下げ渋りか。ユーロ圏経済の回復がやや遅れていることから、ユーロ売りの興味は残されているものの、米中協議の進展によって二国間の貿易摩擦解消への期待が広がっている。そのため、目先的にリスク回避のユーロ売り・円買いは弱まる可能性がありそうだ。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント

・14日:11月鉱工業生産(前月比予想:-1.1%、10月:+0.2%)

・18日:11月経常収支(10月:+230億ユーロ)

予想レンジ:123円00銭-126円00銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「続く荒い値動き」 (01/12)
  2. 来週の決算発表予定 ヨシムラHD、Gunosy、東宝など (1月15日~18日)
  3. 今週の【早わかり株式市況】6週ぶり急反発・2万円回復、パウエルFRB議長発言で.. (01/12)
  4. 【今週読まれた記事】新興市場活況、注目テーマに人気集中 (01/12)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 デュアルタップ、AmidA、DNAチップ (1月7日~11日)
  6. 来週の【重要イベント】機械受注、消費者物価指数、中国貿易収支 (1月14日~20日)
  7. 来週の株式相場見通し=海外イベントにらみで買い手控え、米企業決算発表の内容.. (01/11)
  8. 配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第1弾〕36社選出 <成長株特集> (01/10)
  9. 注目のニューフェイス目白押し、19年「IPO関連」一挙まとめて大胆予測 <株探ト.. (01/10)
  10. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <特別企画> (01/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内企業決算本格化、米4-6月期GDP、日米貿易協議動向 市況
  5. 5
    今週の【話題株ダイジェスト】 サイステップ、upr、レイ (7月16日~19日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.