ログイン
2019年1月17日 16時15分
材料

Shinwa Wise Holdings---2Qは売上高が62.1%増、オークション関連事業が好調

Shinwa Wise Holdings<2437>は10日、2019年5月期第2四半期(18年6-11月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比62.1%増の19.62億円、営業利益が0.50億円(前年同期は0.38億円の損失)、経常利益が0.31億円(同0.65億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が0.10億円(同0.73億円の損失)となった。

オークション関連事業において高額美術品を中心とした優良作品のオークションへの出品及び富裕層を中心とした美術品コレクターのオークションへの参加促進に努めた。また、エネルギー関連事業では低圧型太陽光発電施設販売事業に引き続き集中して取り組んだ他、マレーシアにおけるPKS事業の見直し等、グループ全体の安定的な収益の早期確保に向けた体制の構築に努めた。

オークション事業は、オークション会場のリニューアルに伴いオークション開催回数が11回に留まったため、前年同期に比べて出品点数や落札点数が減少した。しかし、エスティメイト下限合計額に対する落札価額合計額の比率や平均落札単価が前年同期に比べて大幅に上昇したことに加え、オークション会場リニューアル及びShinwa Priveの画廊スペース新設記念特別オークションの取扱高が7億円に迫り、落札率も 92.9%となるなど高い実績を上げた。

オークション関連その他事業は、プライベートセール部門では、新たにShinwa Priveの画廊スペースを設け、顧客のニーズにきめ細やかに対応できる体制を整え、高額作品の積極的な取り扱いに努めた。

エネルギー関連事業は、50kW級の低圧型太陽光発電施設販売事業では、利回り商品としての需要により、当第2四半期連結累計期間は15基を販売したが、経済産業省による電力の買取価格は継続的に引き下げられており、収益目線で投資対象となる新たな案件の確保が難しくなっている。マレーシアにおけるPKS事業は、当第2四半期連結累計期間に1万トンを販売するとともに、仕入原価等の見直しに取り組んだ結果、赤字幅は縮小したが、依然改善が必要な状況であり、継続して取り組む。

ウェルスマネジメント分野における米国テキサス州の中古不動産物件紹介事業は、当第2四半期連結累計期間は8件の販売実績となった。また、各事業の販売費及び一般管理費の見直しを行う等、グループ全体の利益体質化に向けた改善に取り組んだ。

2019年5月期通期については、売上高が前期比7.9%増の30.00億円(前回予想比21.1%減)、営業利益が0.74億円、経常利益が0.60億円、親会社株主に帰属する当期純利益が0.50億円と連結業績予想を修正した。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 究極の5テーマ5銘柄・「最強材料株セレクション」次なる候補<株探トップ特集> (01/12)
  2. 大荒れだろうが全額投資を続ける!~「フルインベスター3人衆」座談会-第2回 (01/16)
  3. 「サイバーセキュリティ」が5位にランク、政府はサイバー対策の指針改定へ<注.. (01/17)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 陰極まれば陽転、悪材織り込み次第高! (01/13)
  5. 【オークション】関連の銘柄一覧
  6. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月16日版
  7. 配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第2弾〕 44社選出 <成長株特集> (01/14)
  8. IoT・AI活用で生産性革命、「予知保全」で新境地拓く銘柄群<株探トップ特集> (01/16)
  9. 「直近IPO銘柄」活躍シーズン来たる! 相場の低迷期登場で“逆転買い”好機.. (01/15)
  10. 5万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」30社 【2部・新興】編 <割安.. (01/14)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月20日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月20日) 注目
  3. 3
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、マルハニチロ、三井不 注目
  5. 5
    再攻の機近づく!「20年3月期ピーク益更新」の割安有望株リスト <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.