ログイン
2019年1月18日 7時01分
通貨

NY為替:米景況感改善などを受けてドル反発

17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円69銭から109円40銭まで上昇し、108円25銭で引けた。米週次失業保険申請件数は減少し、労働市場のひっ迫が確認されたほか、米1月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を上回り、製造業も依然堅調であるとの見方が広がったことからドル買いが再燃。また、米財務省は否定したが、財務長官が対中輸入関税の引き下げを支持しているとの報道を受けて米中貿易摩擦緩和期待にリスク選好の円売りが強まった。

ユーロ・ドルは、1.1405ドルから1.1370ドルまで下落し、1.1388ドルで引けた。ユーロ・円は、123円90銭から124円68銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.2883ドルから1.3001ドルまで上昇。欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条の交渉期間延長によって英国は合意なしのEU離脱を回避できるとの期待でポンド買いが継続。ドル・スイスは、0.9921フランから0.9954フランまで上昇した。

《MK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月24日発表分) 注目
  2. 2
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第2弾〕 31社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! 市況
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月24日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.