ログイン
2019年1月18日 10時38分
通貨

外為サマリー:1ドル109円30銭台前後の高値圏、米中貿易摩擦の緩和に期待

18日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=109円28銭前後と前日午後5時時点に比べ50銭程度のドル高・円安で推移している。

前日のニューヨーク市場では、トランプ米政権が中国からの輸入品に課した制裁関税の撤廃や引き下げを検討していると一部で報じられたことから、米中貿易摩擦への緩和期待が高まりドルが買われた。こうしたなか、ドルは一時109円39銭へ上昇した。

この日の東京市場に移ってからは、一時109円00銭台まで軟化したが、午前9時30分過ぎに109円36銭まで値を戻した。米国による対中関税の方針に関しては、トランプ政権内でも意見の相違がある様子であり、今後の動向が関心を集めている。

ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1394ドル前後と同0.0007ドル程度のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=124円52銭前後と同60銭強のユーロ高・円安で推移している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─ 理想売りの段階は終わる!? 市況
  2. 2
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月17日現在) 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.