ログイン
2019年1月18日 11時48分
市況

東京株式(前引け)=反発、米中貿易摩擦の緩和期待で切り返し急

18日前引けの日経平均株価は前営業日比272円65銭高の2万674円92銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は5億6651万株、売買代金概算は1兆819億6000万円。値上がり銘柄数は1760、対して値下がり銘柄数は313、変わらずは54銘柄だった。

きょう前場の東京市場は高く始まり、寄り後も買いが継続し日経平均は次第高の展開となった。米国政府が中国に対し関税引き上げの撤回を検討しているとの一部報道が米中貿易摩擦の緩和期待につながっており、市場のセンチメントを改善させている。前日に日本電産が今期業績予想の大幅下方修正を発表したが、全体相場に与えるネガティブな影響は限定的だった。中国・上海株や香港株などアジア株市場が総じて強い動きをみせたこともプラス材料となった。主力株をはじめ広範囲に買われ、前場の値上がり銘柄数は1700を超えた。

個別では任天堂<7974>が買われ、ファナック<6954>も堅調。安川電機<6506>も買われた。東京エレクトロン<8035>など半導体関連も物色された。ここ下げの続いていたファーストリテイリング<9983>も高い。千代田化工建設<6366>が切り返し急となったほか、ネクソン<3659>も大幅高。半面、日本電産<6594>が値を下げ、ダイキン工業<6367>も安い。ローム<6963>、HOYA<7741>なども軟調。神戸物産<3038>が売られたほか、チェンジ<3962>も下落した。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 11 銘柄  S安= 1 銘柄 (1月18日)
  2. 話題株ピックアップ【昼刊】:千代建、安川電、東エレク (01/18)
  3. 前場のランキング【値上がり率】 (1月18日)
  4. 前場のランキング【値下がり率】 (1月18日)
  5. 日経平均18日前引け=3日ぶり反発、272円高の2万674円 (01/18)
  6. 東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は5日続伸、テモナ、バーチャレクがS高 (01/18)
  7. ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は5日続伸、山王、アサカ理.. (01/18)
  8. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔9-11月期〕UUUMなど15社 <成長株特集> (01/17)
  9. クラウドサービスの新潮流、「SaaS関連株」上昇ステージへ<株探トップ特集> (01/17)
  10. 「サイバーセキュリティ」が5位にランク、政府はサイバー対策の指針改定へ.. (01/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月23日発表分) 注目
  2. 2
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    IT化推進で生産性向上、「スマート農業関連株」に夏疾風 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  5. 5
    明日の株式相場見通し=米中貿易摩擦深刻化を警戒し、日経平均は下値模索の推移 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.