ログイン
2019年1月18日 12時20分
通貨

東京為替:ドル・円は小じっかり、株高継続で円売り基調維持

18日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。日本株や中国株の堅調地合いを手がかりに円売り基調が強まり、ドルを押し上げた。

ドル・円は朝方の取引で109円06銭まで下げた後、日経平均株価の強含みを受け円売りに振れ、ドルは上昇方向に振れた。また、上海総合指数など中国株のプラス圏スタートが円売りを支援し、ドルは109円30銭台まで浮揚した。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いを維持しており、目先の日本株高継続を見込んだ円売りの地合い。一方で、欧米株高観測が広がるものの、具体的なドル買い材料は乏しく、目先のドルの上昇は小幅にとどまりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円06銭から109円39銭、ユーロ・円は124円23銭から124円66銭、ユーロ・ドルは1.1387ドルから1.1396ドルで推移した。

【経済指標】

・日・12月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.7%(予想:+0.8%、1月:+0.9%)

《MK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月22日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★パス、UMN、PALTEKなどに注目! New! 注目
  3. 3
    総投資額1兆円超え、首都圏鉄道投資で急発進前夜の中小型株とは <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    前日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?― 注目
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月22日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.