ログイン
2019年1月18日 12時27分
市況

後場に注目すべき3つのポイント~米中摩擦の緩和期待などで25日線上回る

18日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3日ぶり大幅反発、米中摩擦の緩和期待などで25日線上回る

・ドル・円は小じっかり、株高継続で円売り基調維持

・値上がり寄与トップはファーストリテと東京エレクトロンの2銘柄で約39円押し上げ

■日経平均は3日ぶり大幅反発、米中摩擦の緩和期待などで25日線上回る

17日の米株式市場ではNYダウが162ドル高と3日続伸。ムニューシン財務長官が通商交渉での中国側の譲歩を引き出すため、現在実施している対中関税の緩和を提案したことが報じられ、中国での売上が大きい企業を中心に買いが広がった。週間の米新規失業保険申請件数の減少や米1月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数の予想上振れもあって、円相場は1ドル=109円台まで下落。

本日の日経平均は米株高や円安を好感して70円高からスタートすると、寄り付き後も上げ幅を広げる展開となった。業績下方修正を発表した日本電産<6594>が売り一巡後に下げ幅を縮めて安心感につながったほか、中国などアジア株の上昇も支援材料となったようだ。東証1部の値上がり銘柄は全体の8割強となっている。

個別では、任天堂<7974>やJT<2914>が2%超、東エレク<8035>が3%超の上昇となった。JTは加熱式たばこの新製品を発売すると発表している。ネクソン<3659>は商いを伴って急伸。前日に一部証券会社の目標株価引き上げが観測されている。その他売買代金上位ではファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、武田薬<4502>などがしっかり。また、前日に1000億円規模の金融支援要請などと報じられた千代化建<6366>が東証1部上昇率上位に顔を出した。

一方、前述の日本電産は2%超の下落で前場を折り返した。朝方には8%近く下落する場面もあったが、買い戻しが入ったようだ。その他ではSUMCO<3436>などが軟調で、HOYA<7741>は3%超下落した。村田製<6981>やキーエンス<6861>は小安い。また、群栄化<4229>などが東証1部下落率上位に顔を出した。セクターでは、全33業種がプラスとなり、海運業、建設業、水産・農林業、食料品、医薬品が上昇率上位だった。

日経平均は米中摩擦の緩和期待などを背景に大幅反発している。日足チャートでは前日まで上値抵抗となっていた25日移動平均線を上回り、短期筋による先物買いや個人投資家による日経レバETF<1570>買いを誘いやすいところだろう。また、業績下方修正の日本電産が下げ渋りを見せていることで、来週から始まる10-12月期決算発表後のあく抜けにも期待が高まる。前場の日経平均を押し上げた中国・上海総合指数の上昇は足元一服しているものの、後場の日経平均も堅調に推移しそうだ。

短期的に節目の21000円近辺まで戻りを試す場面もありそうだが、来週後半から決算発表が始まることで個別物色の様相が強まるだろう。日本電産に見られるように株価は業績下振れリスクをかなり織り込んだ水準と考えられるが、米中摩擦の影響等が顕在化するなかで業績動向はセクターや個別企業ごとに強弱が分かれそうだ。

■ドル・円は小じっかり、株高継続で円売り基調維持

18日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。日本株や中国株の堅調地合いを手がかりに円売り基調が強まり、ドルを押し上げた。

ドル・円は朝方の取引で109円06銭まで下げた後、日経平均株価の強含みを受け円売りに振れ、ドルは上昇方向に振れた。また、上海総合指数など中国株のプラス圏スタートが円売りを支援し、ドルは109円30銭台まで浮揚した。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いを維持しており、目先の日本株高継続を見込んだ円売りの地合い。一方で、欧米株高観測が広がるものの、具体的なドル買い材料は乏しく、目先のドルの上昇は小幅にとどまりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円06銭から109円39銭、ユーロ・円は124円23銭から124円66銭、ユーロ・ドルは1.1387ドルから1.1396ドルで推移した。

■後場のチェック銘柄

・安川情報システム<2354>やテモナ<3985>など、9銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位は東京エレクトロン<8035>となり2銘柄で指数を約39円押し上げ

■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・12月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.7%(予想:+0.8%、1月:+0.9%)

<国内>

・13:30 設備稼働率(11月)  4.0%

<海外>

特になし

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (1月18日記)
  2. 大荒れだろうが全額投資を続ける!~「フルインベスター3人衆」座談会-第2回 (01/16)
  3. 話題株ピックアップ【昼刊】:千代建、安川電、東エレク (01/18)
  4. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 11 銘柄  S安= 1 銘柄 (1月18日)
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔9-11月期〕UUUMなど15社 <成長株特集> (01/17)
  6. 「サイバーセキュリティ」が5位にランク、政府はサイバー対策の指針改定へ.. (01/17)
  7. クラウドサービスの新潮流、「SaaS関連株」上昇ステージへ<株探トップ特集> (01/17)
  8. 「直近IPO銘柄」活躍シーズン来たる! 相場の低迷期登場で“逆転買い”好機.. (01/15)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月16日版
  10. 「量子コンピュータ」のテーマ性再燃へ、米主導で最先端分野への投資積極化へ.. (01/15)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★串カツ田中、ブライトパス、ハウテレなどに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月19日発表分) 注目
  3. 3
    輝き放つ「電子カルテ関連」、大相場へと動き出した“有望銘柄のリスト” <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月20日記) 市況
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.