ログイン
2019年2月1日 16時14分
材料

サンリツ---3Q梱包事業部門、運輸事業部門が好調に推移し、増収・大幅増益

サンリツ<9366>は1月31日、2019年3月期第3四半期(18年4月-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比8.4%増の131.66億円、営業利益が同37.0%増の8.41億円、経常利益が同44.8%増の7.78億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同46.1%増の5.34億円となった。

梱包事業部門の売上高は前年同期比8.9%増の96.76億円、セグメント利益は同24.0%増の11.38億円となった。工作機械の取扱いが好調に推移したこと及び半導体製造装置の取扱いも増加したことにより、売上高及びセグメント利益ともに増加した。

運輸事業部門の売上高は同7.9%増の18.28億円、セグメント利益は同144.5%増の1.23億円となった。無線通信機器の取扱いが減少したものの、工作機械の取扱い及び制御システム案件の取扱いが増加し、売上高及びセグメント利益ともに増加した。

倉庫事業部門の売上高は同6.9%増の14.50億円、セグメント利益は同3.7%減の2.41億円となった。前期計画遅れだった新規案件が当期に入り堅調に推移したこと及び半導体製造装置の取扱いも増加したことにより、売上高は増加した。利益面に関しては、自動ロボット制御ピッキングシステムの導入の先行費用の発生によりセグメント利益は減少した。

賃貸ビル事業部門の売上高は同0.6%減の2.11億円、セグメント利益は同4.2%増の0.84億円となった。本社ビルの稼働率が高水準で推移したことにより、売上高は概ね前年同期と同水準で推移した。利益面に関しては、定期修繕費が前期より減少したことによりセグメント利益は増加した。

2019年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比0.7%減の165.00億円、営業利益が同10.2%増の9.00億円、経常利益が同13.8%増の8.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.5%増の4.80億円とする期初計画を据え置いている。

《MH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 5万人足りない! 争奪戦の様相呈す「AI人材」育成で注目の株<株探トップ特集> (01/30)
  2. 今週の上方修正【大予想】 30社選出 <成長株特集> (01/27)
  3. 大荒れだろうが全額投資を続ける!~「フルインベスター3人衆」座談会-最終回 (01/29)
  4. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 1月31日版
  5. 新貿易協定で食肉・外食はこう変わる、「TPP11」広がる思惑と関連株 <株探.. (01/31)
  6. 「国土強靱化」が7位にランクイン、政府のインフラ計画強化で注目場面に<注目.. (01/29)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月30日版
  8. 世界揺るがす「中国ゲーム規制」の衝撃、「ネクソン」買収説の深層<株探トップ.. (01/29)
  9. 「キャッシュレス決済」は4位に、安倍首相が施政方針演説で普及を明言<注目.. (02/01)
  10. 注目が高まる【REIT】高利回りベスト30 <割安株特集> 1月30日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) 注目
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
  3. 3
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:決算を超えて監視した銘柄群を一部公開【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.