ログイン
2019年2月4日 14時56分
材料

日本コンピュータ・ダイナミクス---3Q増収2ケタ増益、システム開発事業・サポート&サービス事業が好調に推移

日本コンピュータ・ダイナミクス<4783>は1日、2019年3月期第3四半期(18年4-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比3.3%増の123.94億円、営業利益が同28.7%増の8.16億円、経常利益が同30.8%増の8.51億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同36.1 %増の5.75億円となった。

システム開発事業の売上高は前年同期比10.3%増の45.37億円、営業利益は同52.0%増の5.32億円となった。案件獲得が順調に進んだことに加え、地道なプロジェクト進捗管理活動の定着や採算管理の強化等が利益率向上に寄与した。

サポート&サービス事業の売上高は前年同期比3.3%増の34.91億円、営業利益は同74.5%増の3.20億円となった。効率的な要員配置や業務運営により、新規顧客の獲得などが功を奏した。

パーキングシステム事業の売上高は前年同期比3.1%減の43.50億円、営業利益は同17.9%減の6.66億円となった。前年同期に実績計上した自治体向け機器販売における大型案件の影響により、前年同期比では減益となったが、駐輪場利用料収入や自治体の指定管理案件獲得も順調に推移した。

2019年3月通期の連結業績予想については、売上高が前期比4.7%増の170.00億円、営業利益が同21.2%増の9.50億円、経常利益が同17.6%増の9.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同21.5%増の6.40億円とする期初計画を据え置いている。また同日、2019年9月30日を基準日として長期保有優遇制度を新設し、併せて優待内容も変更して優待品をクオカードとすることを発表した。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 24社選出 <成長株特集> (02/03)
  2. 安倍政権の本気、「国土強靱化」総事業費7兆円で燃え上がる株<株探トップ特集> (02/02)
  3. 10万円以下で買える、売上・経常最高&低PER「お宝候補」13社【2部・新興】編.. (02/03)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 狙うは上値余地残す“回復途上”銘柄! (02/03)
  5. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月1日版
  6. 個人投資家・有限亭玉介:強力トレンドを秘める銘柄をチェック【FISCOソーシャル (02/02)
  7. 武者陵司 「FOMC決定の歴史的意義」 (02/01)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日本株が出遅れているのは明白な事実だが…! (02/03)
  9. 来週の上方修正【大予想】 33社選出 <成長株特集> (02/02)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月1日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):サンバイオ、コロプラ、KLab 注目
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:コロプラ、サンバイオ、OLC 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月20日記) 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月20日) 注目
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月18日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.