ログイン
2019年2月7日 16時36分
材料

イー・ガーディアン---1Q各セグメント順調に推移し、増収増益

イー・ガーディアン<6050>は1日、2019年9月期第1四半期(18年10-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比10.7%増の16.10億円、営業利益が同6.9%増の2.97億円、経常利益が同11.7%増の3.18億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同10.2%増の2.06億円となった。

ソーシャルサポートの売上高は前年同期比18.6%増の5.51億円となった。監視・CSだけではなく、運用や分析といった多種多様な新サービスの展開や既存顧客への深耕営業に注力した。加えて、SNS上のキーワード調査を行うことにより不正取引を検知するCtoCパトロールサービスの提供を開始した。

ゲームサポートの売上高は前年同期比2.4%増の6.39億円となった。豊富な運用実績とノウハウの蓄積により既存顧客との関係の強化を目指すと同時に、デバッグを提供するトラネルと連携したサービスの提供、日本市場に参入する中国系及び韓国系海外ゲーム企業の多言語カスタマーサポートの受注に注力した。また、ゲームタイトルの乱立によるプレイヤーの分散を背景に、リリース前のゲームをユーザー目線で多角的に評価及び検証するゲームレイティングサービスの提供を開始した。

アド・プロセスの売上高は前年同期比19.6%増の2.28億円となった。既存の広告審査業務だけでなく、広告枠管理から入稿管理、広告ライティング等の提供サービスの拡大に注力するとともに、派遣・常駐型業務と同社センター業務を組み合わせた運用を実施した。また、自社開発したRPAの活用により競合他社との差別化を図り、既存顧客への深耕営業を目指した。

その他の売上高は前年同期比9.8%増の1.91億円となった。サイバーセキュリティ分野については、EGセキュアソリューションズが、IoTのセキュリティが重要な経営課題となっていることを背景に、IoTセキュリティコンサルティングサービスを提供した。また、電子デバイスに対するデバッグ事業については、アイティエスがトラネルと連携する等シナジーを発揮し、既存顧客への深耕営業や新規開拓を図り、シェア拡大を目指した。

2019年9月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比15.2%増の68.01億円、営業利益が同11.5%増の11.59億円、経常利益が同12.4%増の11.79億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同10.6%増の8.14億円とする期初計画を据え置いている。

《MH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月6日版
  2. AI・ヘルス分野で鍵を握る「イスラエル」との連携、飛躍の可能性秘める銘柄は.. (02/06)
  3. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月6日版
  4. 「IoT」が16位にランク、総務省は機器の脆弱性調査を開始へ<注目テーマ> (02/07)
  5. 「5G」がランキング第1位、ファーウェイ製品排除で新たな思惑<注目テーマ> (02/05)
  6. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/05)
  7. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 24社選出 <成長株特集> (02/03)
  8. 来週の上方修正【大予想】 33社選出 <成長株特集> (02/02)
  9. 個別株物色意欲は旺盛、業績増額修正&低PERの元気印銘柄をロックオン!<株探.. (02/05)
  10. 安倍政権の本気、「国土強靱化」総事業費7兆円で燃え上がる株<株探トップ特集> (02/02)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月22日発表分) New! 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月22日) 注目
  3. 3
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    武者陵司 「日本株不振、原因はタイムラグと政策、選挙後に好転へ」 市況
  5. 5
    復活のステージに立つ「外食関連株」、サプライズ決算が急騰を呼ぶ <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.