ログイン
2019年2月8日 16時00分
材料

テックファームHD---2Qは営業利益78.0%増、純利益176%増。ソフトウエア受託開発事業が増収増益

テックファームホールディングス<3625>は8日、2019年6月期第2四半期(18年7-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比15.1%増の30.15億円、営業利益が同78.0%増の2.07億円、経常利益が同73.9%増の2.03億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同176.0%増の1.37億円となった。

ソフトウエア受託開発事業は、主力のNTTドコモ向けを中心とした既存顧客への深耕営業が奏功し、売上高、セグメント利益共に前年同期を上回った。また、IoT自社プロダクトの展示会出展やマーケティング戦略の強化により、新規取引先の案件獲得にも寄与するなど好調な受注を支えた。自社プロダクト/サービスでは、農業ベンチャーであるWe Agri(旧ジャパン・アグリゲート)と資本業務提携し、日本のプレミアム農産物の海外向け販路拡大を支援した。具体的には、輸出先での在庫管理システムや撰果作業のAI画像認識、帳票の電子化で煩雑な輸出手続きをサポートするシステムの開発を進めた。

自動車アフターマーケット事業は、既存ラインナップの改良を進め、営業活動を開始した結果、案件数は前年同期と同水準を維持したものの、単価は想定を下回り、セグメント利益は減少した。

第1四半期連結累計期間より、ユーザーの利便性の向上とプラットフォームビジネスの展開を目的として、整備システムのリニューアル及びクラウド化を目指し、現行システムの分析と基本設計の構築に着手している。

2019年6月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比3.1%増の60.00億円、営業利益が同18.6%減の4.50億円、経常利益が同20.3%減の4.40億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同14.1%減の2.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 安倍政権の本気、「国土強靱化」総事業費7兆円で燃え上がる株<株探トップ特集> (02/02)
  2. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/05)
  3. 「IoT」が16位にランク、総務省は機器の脆弱性調査を開始へ<注目テーマ> (02/07)
  4. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月6日版
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 24社選出 <成長株特集> (02/03)
  6. 来週の上方修正【大予想】 33社選出 <成長株特集> (02/02)
  7. 船舶燃料のSOx規制で商機到来、急浮上する脱硫装置関連株<株探トップ特集> (02/07)
  8. AI・ヘルス分野で鍵を握る「イスラエル」との連携、飛躍の可能性秘める銘柄は.. (02/06)
  9. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月7日版
  10. 「5G」がランキング第1位、ファーウェイ製品排除で新たな思惑<注目テーマ> (02/05)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月17日発表分) 注目
  2. 2
    コロプラ---一時ストップ高、「ドラクエウォーク」の人気化を材料視 材料
  3. 3
    衝撃のサウジ施設攻撃! 揺れる原油相場と世界株式市場の行方 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    清水洋介氏【原油市況暴騰で相場波乱!? 日経平均はどう動く】(1) <相場観特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場戦略=日経レバの水面下の戦いに視線集まる 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.