ログイン
2019年2月9日 14時38分
経済

国内外の主要経済指標:日本の10-12月期GDPは1%台の成長にとどまる見込み

2月11日-15日週に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■13日(水)午後10時30分発表予定

○(米)1月消費者物価(CPI)コア指数-予想は前年比+2.1%

参考となる12月実績(コアCPI)は前年同月比+2.2%、前月比+0.2%。上昇率は11月と同率だった。総合指数は前年比+1.9%、前月比-0.1%。1月については衣類、医療費の伸びは12月並みと予想されているが、他の項目の一部は若干低下するとみられており、コアCPIの上昇率は12月実績をわずかに下回る可能性がある。

■14日(木)午前8時50分発表予定

○(日)10-12月期国内総生産速報値-予想は前期比年率+1.4%

7-9月期における成長率の落ち込みは、日本各地で相次いで発生した自然災害が個人消費を圧迫したことや輸出が弱含みとなったことが要因。4-6月期に増加した反動で民間の設備投資も減少した。10-12月期については、自然災害の影響は薄れており個人消費はやや回復したが、海外経済の不確実性などが輸出の伸びを抑えていることから、成長率は1%台にとどまる見込み。

■14日(木)午後10時30分発表予定

○(米)12月小売売上高-予想は前月比+0.1%

参考となる11月実績は前月比+0.2%で市場予想をやや上回った。オンライン・ストアなどの無店舗小売りの増加が目立った。自動車・関連部品を除いた売上高は+0.2%だった。1月については、ガソリン販売の減少が予想されるが、オンライン・ストア無店舗小売りの販売額は増加すると予想されており、前月比で小幅な伸びとなる見込み。

■15日(金)日本時間16日午前0時発表予定

○(米)2月ミシガン大学消費者信頼感指数-予想は94.0

参考となる1月CB消費者信頼感指数は120.2で、12月から大幅に低下。米政府機関の閉鎖が消費者の景況感を悪化させたようだ。ただし、1月25日に政府機関の閉鎖は解除されており、株式市場は持ち直していることから、2月のミシガン大学消費者信頼感指数は1月実績の91.2を上回る可能性が高いとみられる。

その他の主な経済指標の発表予定

・13日(日):1月国内企業物価指数、(欧)12月ユーロ圏鉱工業生産

・14日(木):(欧)10-12月期ユーロ圏域内総生産改定値、(米)1月生産者物価指数

・15日(金):(欧)12月ユーロ圏貿易収支、(米)2月NY連銀製造業景気指数、(米)1月鉱工業生産・設備稼働率、(米)12月ネット長期TICフロー

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月8日版
  2. 【今週読まれた記事】上値重く、決算発表に明暗 (02/09)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「抵抗線下割れ」 (02/09)
  4. 個人投資家・有限亭玉介:反発トレンドを見極めろ!期待の注目株【FISCO.. (02/09)
  5. 来週の株式相場見通し=米中貿易協議難航で下値模索、25日線割れで上値の重さ.. (02/08)
  6. 今週の【早わかり株式市況】5週ぶり反落、企業業績不振と米中先行き懸念で下押す (02/09)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 アンジェス、日本アンテナ、ハウスドゥ (2月4日~8日)
  8. ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月08日)
  9. 5万円以下で買える、高利回り&低PBR「お宝候補」28社選出【東証1部】編 <割安.. (02/08)
  10. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月6日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! New! 市況
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 小学5年生がAIについて学ぶ時代! 市況
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  5. 5
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合-第1回 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.