ログイン
2019年2月11日 14時23分
経済

米中貿易協議で期限延長の思惑、リスク回避の取引拡大につながるか?

米ホワイトハウスは8日、米中貿易協議の次官級会合を11日から北京で開催し、その後14-15日にライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官が出席する閣僚級会合が開かれると発表した。報道発表によると、ゲリッシュ米USTR次席代表が率いるグループが最初の協議に臨むもよう。財務省、農務省、商務省、国家経済会議(NEC)、エネルギー省などの幹部も協議に出席するとみられている。

市場関係者の間では、「今週11日から15日にかけて開かれる米中貿易協議で明確な進展がなかった場合、3月1日の期限までに協議が決着することは非常に難しくなる」との見方が多いようだ。また、3月1日の貿易協議の期限は状況次第で変更される(協議期限の延長)可能性があるとの思惑が浮上しているが、市場関係者の間からは「そのような動きは米中協議が難航している印象を市場に与える可能性があるため、リスク回避的な取引が広がる可能性がある」との声が聞かれている。

《MK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月20日発表分) New! 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月20日) 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、マルハニチロ、三井不 注目
  4. 4
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.