ログイン
2019年2月12日 10時31分
特集

【中国の視点】NOPEC法案:米議会で再浮上、OPECとロシアの歩み寄り阻止が狙い

「石油生産輸出カルテル禁止(NOPEC)法案」は今月7日、米下院司法委員会で可決された。ただ、本会議で審議されるかどうか現時点では明らかにされていない。

これまで棚上げされてきたNOPEC案は再浮上している背景には、原油価格が4年ぶりの高値水準に戻っていることや、石油輸出国機構(OPEC)がロシアなどと協力する姿勢を示しているためだ。

海外メディアによると、サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)のメンバーは、ロシアが主導する産油国10カ国と正式な同盟関係の構築を模索しているという。正式な同盟関係が結ばれれば、世界の原油価格に対するサウジやロシアの影響力が高くなる。NOPEC法案が米議会で再浮上していることがこうした動きを阻止する狙いがあるとみられている。

米トランプ大統領は、OPECが原油価格を維持する目的で減産を実施するとの方法を強く批判している。ただ、トランプ大統領はNOPEC法案を支持すると表明していない。

中国の専門家は、米国がサウジとの関係を重視しており、NOPEC法案は簡単に実施することが困難だとの見方を示した。また、サウジアラムコ(サウジアラビア王国の国有石油会社)の傘下企業モティバ・ エンタープライジズがテキサス州に大型石油精製施設を保有しており、米国で人口2位のテキサス州の議員はNOPEC法案を支持する公算が小さいと予想した。

《AN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (02/11)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 目先調整も上昇途次の中休みか (02/10)
  3. 個人投資家・有限亭玉介:反発トレンドを見極めろ!期待の注目株【FISCO.. (02/09)
  4. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 活路は個人の“主戦場”中小型株にあり! (02/10)
  6. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月8日版
  7. 5万円以下で買える、高利回り&低PBR「お宝候補」18社選出【2部・新興】編.. (02/10)
  8. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/11)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月8日現在)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:急上昇の可能性を秘めた銘柄群【FISCO.. (02/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! 市況
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 小学5年生がAIについて学ぶ時代! 市況
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  5. 5
    今週の「妙味株」一本釣り! ─ マクロミル 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.