ログイン
2019年2月13日 8時18分
材料

サイバーコム---18/12期は売上高が120.72億円、ソフトウェア開発事業が好調に推移

サイバーコム<3852>は8日、2018年12月期(18年1月-12月)決算を発表した。売上高が120.72億円、営業利益が6.08億円、経常利益が6.16億円、当期純利益が4.18億円となった。なお、同社は2017年12月期より決算日を3月31日から12月31日に変更したことにより、対前期増減率については開示していない。

主力事業のソフトウェア開発事業は売上高98.59億円(前年同一期間比14.4%増)、営業利益13.13億円(同19.5%増)となった。通信ソフトウェア開発は国内外の通信システム案件が減少傾向で推移となったが、制御ソフトウェア開発におけるECU(Electronic Control Unit)関連等の車載システム開発案件、半導体製造装置システム開発案件が好調に推移した。また、業務ソフトウェア開発も、企業向け業務システム、生保システム、エネルギー関連システム、医療向けシステム、ECサイト構築、電子マネー・クレジット決済関連システム等の開発案件が好調に推移した。

サービス事業は売上高21.51億円(同1.6%増)、営業利益3億円(同4.6%減)となった。SIサービス(構築・保守・運用・評価検証サービス)は、社会インフラ及び金融系を中心とした仮想化、クラウドへの移行案件、サイバーセキュリティ対策案件や、通信キャリア向けの第5世代移動通信(5G)、ネットワーク構築関連の基地局検証案件が堅調に推移した。また、自社プロダクトである「Cyber Smart」シリーズ製品(Cyber IP-PBX、Cyber CTI、Cyber Phone)は、クラウドサービスや年間保守の増加等により堅調に推移した。

2019年12月期の通期業績予想については、売上高が前期比7.7%増の130.00億円、営業利益が同6.8%増の6.50億円、経常利益が同5.5%増の6.50億円、当期純利益が同3.5%増の4.33億円を見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)
  2. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月12日版
  3. 決算発表終盤に訪れた勝機、見逃された高進捗率・低PER銘柄はこれだ!<株探.. (02/12)
  4. 個人投資家・有限亭玉介:反発トレンドを見極めろ!期待の注目株【FISCO.. (02/09)
  5. 馬渕治好氏【強気と弱気が交錯する早春の株式市場の展望は】(1) <相場観特集> (02/12)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 活路は個人の“主戦場”中小型株にあり! (02/10)
  7. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (02/11)
  8. MACD【買いシグナル】低PER 32社選出 <テクニカル特集> 2月12日版
  9. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/11)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月8日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月20日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★イーブック、北越コーポ、プロレドなどに注目! 注目
  3. 3
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) 注目
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.