ログイン
2019年2月14日 14時43分
材料

sMedio---18/12期は売上高が9.85億円、IoT/AI分野で主要パートナーを獲得

sMedio<3913>は13日、2018年12月期(18年1-12月)連結決算を発表した。売上高が前期比7.3%減の9.85億円、営業損失が1.07億円(前年同期0.60億円の損失)、経常損失が1.07億円(同0.61億円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が1.10億円(同1.41億円の損失)となった。

上期は期初予想利益を上回り推移したが、複数の大型開発案件の失注や期ズレの影響および複数の開発案件で開発工数が想定を上回った影響などにより、下期で失速する結果になった。しかし、4K/8K高解像度ソリューションの着実な受注があり、AI+IoT分野での主要パートナーを獲得した。

ワイヤレスコネクティビティ事業は、ロイヤリティ収入を主体としているため、Blu-rayなどを再生するデジタル家電機器(TV、Blu-rayレコーダー、PCなど)の出荷台数に影響を受ける。国内のデジタル家電機器の出荷台数は底を打った感が出てきたが、依然、低調であることには変わりなく、厳しい事業環境が続いている。画像解析AIエンジンを軸とした製品群(sMedio AI Technologies)も取り扱っており、建設業や流通業等での商用化を見据えた実証実験を複数実施している。

セキュリティ&プライバシー事業は、タオソフトウエアおよび情報スペースが主体であり、開発収入からロイヤリティ収入への転換および月額課金サービス収入の育成を図っている。

2019年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比7.9%増の10.63億円、営業損失が0.35億円、経常損失が0.36億円、親会社株主に帰属する当期純損失が0.52億円を見込んでいる。

《MH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 個人投資家・有限亭玉介:反発トレンドを見極めろ!期待の注目株【FISCO.. (02/09)
  2. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (02/11)
  3. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/11)
  4. リターン・リバーサル始動、「半導体・電子部品株」逆襲高へGO!<株探トップ.. (02/13)
  5. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月13日版
  6. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月13日版
  7. 自社株買い銘柄は、「後出しジャンケン」でもOK? (02/13)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 活路は個人の“主戦場”中小型株にあり! (02/10)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  10. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★ジョルダン、長大、燦HDなどに注目! 注目
  2. 2
    外為サマリー:一時1ドル106円60銭台に上昇、株高や米金利上昇が支援材料 通貨
  3. 3
    11時の日経平均は64円高の2万692円、ユニファミマが18.77円押し上げ 市況
  4. 4
    日経平均は48円安でスタートもプラス転換、ダイキンや資生堂が堅調/寄り付き概況 市況
  5. 5
    日経平均23日前引け=続伸、44円高の2万672円 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.