ログイン
2019年2月18日 8時53分
市況

米中協議継続を好感も中小型株は戻りの強さを見極め/オープニングコメント

18日の日本株市場は、堅調な相場展開が見込まれる。米中政府は15日、北京で行っていた閣僚級貿易協議を終え、今週ワシントンで通商協議を再開する方針を明らかにした。米中通商協議が米国で継続が決定したことを受けて、15日の米国市場はNYダウが443ドル高と大幅に上昇。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比310円高の21210円と21000円を再び突破してきており、ギャップアップでのスタートとなろう。また、トランプ米大統領は、議会の承認を得ずにメキシコ国境の壁建設費を確保するため、国家非常事態を宣言したものの、相場への影響は限定的だったこともアク抜けを意識させそうである。

先物主導によるインデックス買いにより、指数インパクトの大きい値がさ株が日経平均をけん引する格好となり、直近戻り高値水準を回復してくることにより、短期筋のショートカバーも誘い込む流れになりそうである。とはいえ、18日の米国市場はプレジデンツデーの祝日で休場となる。海外勢のフローが限られるとみられる中、買い一巡後は次第にこう着感が強まることになりそうだ。

また、インデックス主導であるため、主力大型株が先行する格好となる。先週後半に値崩れを起こしていた中小型株については、一先ず買いが先行すると考えられるが、戻りの鈍さが意識されてくるようだと、再び売り圧力に押される可能性がありそうだ。日経平均は強含みに推移するものの、中小型株が値を消す格好になるようだと、センチメントを悪化させてくることも意識しておく必要がありそうだ。

そのため、物色としてはソフトバンクG<9984>やファナック<6954>、TDK<6762>といった指数インパクトの大きい値がさ株に向かいやすい。また、米中通商協議の継続を背景とした中国関連の動向も注目されるところ。半面、中小型株については、戻りの強さを見極めつつ、資金回転を速くさせることになろう。

《AK》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 今朝の注目ニュース! ★ホットランド、ブリヂストン、IXナレッジなどに注目! (02/18)
  2. <必見> 寄り付き直前チェック・リスト! (02/18)
  3. 前場に注目すべき3つのポイント~米中協議継続を好感も中小型株は戻りの強さを.. (02/18)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ いま注目すべき銘柄「3つの条件」 (02/17)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ にわかに、超強気の声が台頭しているが… (02/17)
  6. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ エニグモ (02/17)
  7. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (2月18日記)
  8. 強弱材料:2/18
  9. 材料株春一番! 急騰旋風に舞う「5テーマ・5銘柄」攻めの急所 <株探トップ.. (02/16)
  10. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 25社選出 <成長株特集> (02/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★マーチャント、バルニバービ、アイルなどに注目! 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月18日記) 市況
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分) 注目
  5. 5
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.