ログイン
2019年2月19日 16時49分
材料

サイバーリンクス---18/12期は売上高が0.7%増、ITクラウド事業で定常収入が増加

サイバーリンクス<3683>は14日、2018年12月期決算を発表した。売上高が前期比0.7%増の96.85億円、営業利益が同12.6%減の5.04億円、経常利益が同15.7%減の5.13億円、当期純利益が同27.4%増の3.20億円となった。

ITクラウド事業では、流通業向けクラウドサービス分野は、主力サービスである流通食品小売業向け基幹業務クラウドサービス「@rms基幹」を始めとするクラウドサービスの提供拡大により、定常収入が増加した。これにより、スポット案件に係る売上は減少したものの、同分野の売上高は前期を上回った。他方、前事業年度にリリースした@rms基幹次期バージョンに係るソフトウェア償却費の増加や、AI等にかかる研究開発投資の増加もあり、同分野の利益は前期を下回った。

官公庁向けクラウドサービス分野では、定常収入は順調に増加したが、前期に比べ機器売上等が減少したことにより、同分野の売上高は前期を下回った。他方、相対的に利益率が向上したこと等により、同分野の利益は前期を上回った。

モバイルネットワーク事業では、販売業務の適正化が求められる中、顧客対応等におけるサービス品質で競合店との差別化を図った結果、スマートフォンの販売台数は前期に比べ増加したが、フィーチャーフォンの販売台数の減少傾向が続き、携帯電話端末全体の販売台数は前期を下回った。また、携帯電話端末の販売単価の上昇に伴い、売上高は前期をわずかに上回ったが、ドコモ光(NTTドコモが提供するブロードバンドサービス)獲得等の重点目標達成によるキャリアからのインセンティブ収入が前期を下回ったこと等により、利益は前期を下回った。

2019年12月期通期の業績予想については、売上高が前期比6.9%増の103.54億円、営業利益が同19.9%増の6.05億円、経常利益が同18.7%増の6.10億円、当期純利益が同14.2%増の3.66億円を見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 「iPS細胞」が7位にランキング、再生医療の中核担うテクノロジーに光<注目.. (03/19)
  2. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-2 (02/19)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 25社選出 <成長株特集> (02/17)
  4. 黄金の3年間突入で株価も“かっ飛ばしモード”の「スポーツ関連株」 <株探.. (02/18)
  5. 材料株春一番! 急騰旋風に舞う「5テーマ・5銘柄」攻めの急所 <株探トップ.. (02/16)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ いま注目すべき銘柄「3つの条件」 (02/17)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ にわかに、超強気の声が台頭しているが… (02/17)
  8. 「半導体製造装置」が10位にランクイン、年後半からの回復に期待感<注目テーマ> (02/18)
  9. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」18社 【2部・新興】編.. (02/17)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月15日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月19日記) 市況
  2. 2
    本日の【新規公開(IPO)銘柄】Sansan 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:Jディスプレ、野村、国際石開帝石 注目
  4. 4
    日本株の出遅れ修正進む、SMBC日興証券(花田浩菜) 経済
  5. 5
    14時の日経平均は368円高の2万1341円、SBGが40.42円押し上げ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.