ログイン
2019年2月21日 10時35分
通貨

外為サマリー:1ドル110円60銭前後で推移、FOMC議事録後も上値重い

21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=110円67銭前後と前日午後5時時点に比べ20銭強のドル安・円高で推移している。

前日のニューヨーク市場では、1月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内容が、予想に比べて利上げに慎重なハト派寄りではないとの見方が強かった。こうしたなか、ドルは一時110円62銭台へ下落した。

この日の東京市場に移ってからは110円後半での一進一退。前日のFOMC議事録の発表後も111円ラインを突破できなかったことから、依然、上値は重い展開が続いている。

ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1342ドル前後と同横ばい圏。対円では1ユーロ=125円53銭前後と同20銭強のユーロ安・円高で推移している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
  2. 2
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  4. 4
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  5. 5
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合-第1回 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.