ログイン
2019年2月21日 15時33分
市況

東京株式(大引け)=32円高、米中貿易交渉への期待感を背景に4日続伸

21日の東京株式市場は日経平均が4日続伸と上値追い基調を継続した。目先過熱感も意識されたが、米中貿易摩擦が緩和するとの期待が株価を後押しした。

大引けの日経平均株価は前営業日比32円74銭高の2万1464円23銭と4日続伸。東証1部の売買高概算は12億320万株、売買代金概算は2兆2414億1000万円。値上がり銘柄数は1029、対して値下がり銘柄数は1000、変わらずは101銘柄だった。

きょうの東京市場は、前場はやや売りに押される展開だったが、後場に入ると一転して買い優勢となり日経平均はフシ目の2万1500円を上回って推移する場面もあった。前日の米国株市場ではNYダウが3日続伸で約3カ月ぶり高値圏に浮上、米中貿易協議が進展することへの期待感がリスクを取る動きを後押しした。1月のFOMCの議事要旨では、FRBが保有資産圧縮を年内に終了するとの見方が強まる一方、利上げ観測も再浮上するなど、マーケットは消化難で株価の方向性も定まりにくかった。後場に入ると、米中貿易交渉で6つの覚書が準備されているとの報道が、交渉の進展を予期するものとして、全体相場にポジティブに作用した。業種別騰落では値上がり業種17に対し、値下がりが16とほぼ同数、また個別でも値上がり銘柄数と値下がり銘柄数がいずれも1000に乗せ、拮抗する状況となった。

個別では、ソニー<6758>が堅調、任天堂<7974>もしっかり。ファーストリテイリング<9983>が買われ、コマツ<6301>も上昇した。昭和電工<4004>も買い優勢だった。カドカワ<9468>が大幅高に買われ、新日本科学<2395>も値を飛ばした。アイスタイル<3660>、システムインテグレータ<3826>も急伸。新明和工業<7224>が物色人気、ZOZO<3092>も商いを伴い大きく上値を伸ばした。アカツキ<3932>も高い。

半面、ソフトバンクグループ<9984>が軟調、トヨタ自動車<7203>、武田薬品工業<4502>なども冴えない。資生堂<4911>が売りに押され、IHI<7013>は大きく値を下げた。ケネディクス<4321>が売られたほか、グレイステクノロジー<6541>の下げも目立つ。マクニカ・富士エレホールディングス<3132>も安い。LIXILグループ<5938>も下値を探る展開となった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 7 銘柄  S安= 0 銘柄 (2月21日)
  2. <話題の焦点>=直近東証1部指定銘柄に注目、伸び盛り企業を改めて評価 (02/21)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):アンジェス、参天薬、楽天 (02/21)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):住友鉱、レンゴー、郵船 (02/21)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):ソフトバンクG、ナブテスコ、ソレイジア (02/21)
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-2 (02/19)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月20日版
  8. 「遠隔医療」が20位にランクアップ、5G応用の有力分野として注目高まる<注目.. (02/20)
  9. まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/19)
  10. 明日の決算発表予定 キタック (2月21日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  3. 3
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) New! 注目
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.