ログイン
2019年2月23日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「2月末、変化日高値の形成に注意」

NYダウナスダックが12月3日の高値をついに捉えた。日経平均株価は2万1000円の節を払い2万1500円台に乗せ、中国・上海株も底値から浮上となり200日移動平均線にタッチするなど、米中通商交渉の進展観測を背景に同時株高の勢いが増してきた。ただし、NYダウ、日経平均ともにクリスマス安値から2カ月を経過し、テクニカル指標には過熱感が漂う。上向きが続くうちは流れに従うべきだが、過去に2月末に高値を打つケースは少なくなく、ここからの調整には注意しておく。

◆同時株高を牽引するNYダウは20日現在、上値を2万5986ドルまで伸ばし、次に昨年11月8日高値2万6277ドルを、そして10月3日の過去最高値2万6951ドルを目指す勢いにある。リスクオン復活とともに世界の投資マネーが米国に流れ込んでいる。だが、昨年1月高値の2万6616ドルを含めてNYダウの2万6000ドル台はチャート上の厚い節だ。

◆日経平均は21日現在、4日続伸で2万1553円まで上値を伸ばす。75日移動平均線(2万1160円)を突破し、次いで26週移動平均線(2万1719円)や日足一目均衡表・遅行線の「雲」下限(2万1900円台)を目指す流れにある。ただ、日足のRCIは9日線、13日線、25日線がいずれも80%以上に集まり、過熱感を漂わす。そして、間もなく3月を迎える。期末として意識される3月だが、日本では納税期でもあり、「彼岸底」という言葉があるように中旬まで軟調に推移することは珍しくない。

◆日米とも12月安値から9週を経過した。NYダウは9週連続上昇(20日現在)で、日足RCIは日本株同様に高値警戒を示す。株価上昇に伴い楽観論も増えてきた。そうしたことを含めて、ここからは変化日を高値圏で迎えて「どのような高値を形成するか」もポイントになってくる。

◆「山高ければ谷深し」、戻り強ければ調整深しとなるリスクもある。その意味で、日経平均なら節目の2万1000円を、NYダウなら25日移動平均線(2万5012ドル)を下値ポイントにしておく。それを維持しているなら上昇基調継続だが、もし割り込むなら要注意となる。

(2月21日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 新興市場見通し:中小型株の先高期待高まり物色活発、19年IPOも好発進 (02/23)
  2. “人材革命”の大相場が開幕、外国人労働者関連「最強選抜5銘柄」 <株探トップ.. (02/23)
  3. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (02/21)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-2 (02/19)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 ソレイジア、Kudan、レアジョブ (2月18日~22日)
  6. 【今週読まれた記事】“5G”筆頭にテーマ物色広がる (02/23)
  7. 今週の【早わかり株式市況】大幅続伸、米国株連動でリスク選好の地合い続く (02/23)
  8. 5万円以下で買える、増収増益&低PBR「お宝候補」21社 【東証1部】編 <割安株.. (02/22)
  9. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米朝首脳会談、EU離脱案の採決、パウエ.. (02/23)
  10. 来週の決算発表予定 伊藤園、パーク24、HISなど (2月25日~3月1日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分) 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
  4. 4
    大塚竜太氏【嵐の前の静けさ? 閑散商状続く東京市場】(1) <相場観特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):フリービット、森永乳、エニグモ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.