ログイン
2019年2月23日 14時44分
通貨

ユーロ週間見通し:上げ渋りか、ユーロ圏の景気減速への懸念強まる

■やや強含み、英国は合意なしのEU離脱を回避可能との見方も

先週のユーロ・ドルはやや強含み。ユンケル欧州委員長の「米国が自動車追加関税発動なら欧州連合(EU)は報復する」との発言でユーロ売りが一時優勢となった。しかしながら、英国の欧主連合(EU)からの離脱をめぐる協議で、関係各国外相は合意なしの離脱回避を目指していることを受けてリスク回避のユーロ売りは一服した。米中貿易協議の進展が期待されていることもユーロに対する支援材料となった。取引レンジ:1.1276ドル-1.1371ドル。

■もみ合いか、域内経済悪化の思惑残る

今週のユーロ・ドルはもみ合いか。今週発表予定のドイツやユーロ圏の消費者物価指数や失業率などの経済指標が手掛かり材料となる。市場予想を下回った場合、域内経済の下振れ懸念が強まり、ユーロ売り・米ドル買いが優勢となりそうだ。

予想レンジ:1.1200ドル-1.1450ドル

■強含み、米中協議継続への期待残る

先週のユーロ・円は強含み。ユーロ圏経済の成長鈍化に対する警戒感は消えていないものの、米中貿易協議の継続を好感して、リスク回避ムードは後退し、ユーロ買いが優勢になった。日本銀行の黒田総裁が追加緩和の可能性について言及したことも材料視された。取引レンジ:124円63銭-125円94銭。

■上げ渋りか、ユーロ圏の景気減速への懸念強まる

今週のユーロ・円は上げ渋りか。今週発表予定のドイツやユーロ圏の消費者物価指数や失業率など経済指標が市場予想を下回った場合、域内経済の減速を警戒したユーロ売りが再び強まる可能性がある。トランプ政権による欧州の自動車関税導入に対する警戒感は消えていないことも、ユーロ売りの材料になるとみられる。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント

・3月1日:1月失業率(予想:7.9%)

・3月1日:2月消費者物価指数速報値(前年比予想:+1.5%)

予想レンジ:124円50銭-126円00銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「2月末、変化日高値の形成に注意」 (02/23)
  2. 来週の決算発表予定 伊藤園、パーク24、HISなど (2月25日~3月1日)
  3. 今週の【早わかり株式市況】大幅続伸、米国株連動でリスク選好の地合い続く (02/23)
  4. 【今週読まれた記事】“5G”筆頭にテーマ物色広がる (02/23)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 ソレイジア、Kudan、レアジョブ (2月18日~22日)
  6. 来週の【重要イベント】鉱工業生産指数、米朝首脳会談、米GDP (2月25日~3月3日)
  7. 来週の株式相場見通し=海外重要イベント相次ぎ波乱含みの展開に (02/22)
  8. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (02/21)
  9. 近づく米ユニコーンIPO、「ライドシェア関連株」3月疾走へ <株探トップ特集> (02/21)
  10. 5万円以下で買える、増収増益&低PBR「お宝候補」21社 【東証1部】編 <割安株.. (02/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) 注目
  4. 4
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月14日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.