ログイン
2019年3月16日 7時32分
材料

前日に動いた銘柄 part2:ストリーム、ラオックス、ハウスコムなど

銘柄名<コード>⇒15日終値⇒前日比

アカツキ<3932> 6090 -270

通期業績見通し公表も出尽くし感が優勢に。

アルテリア・ネットワークス<4423> 1244 -76

ロックアップ解除後は上昇基調となっていたが利食い優勢に。

スペースバリューHD<1448> 633 -54

四半期報告書の提出期限再延長を引き続きマイナス視。

三菱UFJ<8306> 572.0 +7.2

米国長期金利の上昇などで銀行株堅調。

東レ<3402> 743.4 +17.9

ボーイング事故の余波で足元弱い動きとなっていたが。

東エレク<8035> 15220 +415

米ブロードコムの時間外上昇などで半導体関連買い優勢に。

コマツ<6301> 2672.5 +46.0

SMBC日興証券では投資判断を格上げしている。

ストリーム<3071> 120 +30

今期の大幅増益見通しがインパクトに。

ラオックス<8202> 414 +54

四季報など材料視とみられる。

システム情報<3677> 1642 -151

業績上方修正などで14日に急騰の反動。

ショクブン<9969> 237 -11

14日急伸の反動で短期資金の利食い売り優勢。

ハウスコム<3275> 1410 +121

創立20周年で記念株主優待を実施、QUOカード4000円分。

ソレイジア<4597> 223 +4

疼痛緩和口腔用液「エピシル」を韓国で承認申請。

ケイブ<3760> 934+150

第三者割当増資で13.94億円調達、割当先はAKS代表取締役ら。

ギフト<9279> 3250 +55

上場記念で19年10月期の年間配当予想を25円に増額修正。

スパークスG<8739> 235 +31

22日から東証1部に市場変更。

霞ヶ関キャピタル<3498> 5120 -170

不動産コンサルティングで6.50億円借り入れ、定款変更で事業領域拡大。

バリューゴルフ<3931> 1140+150

20年1月期の営業利益予想60.3%増、予約サービス拡大。

UTGROUP<2146> 2542 +91

19年3月期に特別配当実施、年間配当予想25円。

GA TECH<3491> 3125 +268

引き続き業績など手掛かり材料に。

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】“二番天井”にはまだ早い (03/16)
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 48社選出 <成長株特集> (03/14)
  3. 10万円以下で買える、連続最高益&低PBR「お宝候補」28社【東証1部】編.. (03/15)
  4. 「Windows7」サポート終了で始まる株高ステージ、意外なる主役株 <株探トップ.. (03/14)
  5. 止まらないサイバー攻撃、「IoTセキュリティー」で救世主となる株は <株探.. (03/13)
  6. 「キャッシュレス決済」が8位にランク、経産省が決済事業者の募集を開始<注目.. (03/14)
  7. サンバイオ株暴落から学ぶ、投資で痛手を被らない技 (03/13)
  8. 海外投資家の売り圧力が強い時に手放す「出来高減少」株 (03/14)
  9. 均衡表【買いシグナル】低PER 25社選出 <テクニカル特集> 3月15日版
  10. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 3月13日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月26日発表分) 注目
  2. 2
    キーエンスが3日続伸で底入れの動き、FA用センサーの需要拡大に期待 材料
  3. 3
    逆転の発想、究極のエコ「CO2資源化」関連が“株高”生成へ <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場戦略=半導体周辺の主力株と中小型株の動きに注目 市況
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月26日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.