ログイン
2019年3月16日 14時58分
通貨

ユーロ週間見通し:もみ合いか、ユーロ圏の経済指標などが手掛かり材料に

■やや強含み、米インフレ率鈍化などを意識したユーロ買いも

先週のユーロ・ドルはやや強含み。英国議会は合意なき欧州連合(EU)離脱の回避を支持し、離脱期限の延長を決定したことを好感したユーロ買いが観測された。米国のインフレ率はやや鈍化していることや2月の米鉱工業生産は市場予想を下回ったことも、ユーロ相場に対する支援材料となった。取引レンジ:1.1222ドル-1.1344ドル。

■もみ合いか、米利上げ休止の思惑残る

今週のユーロ・ドルはもみ合いか。欧州中央銀行(ECB)の政策金利は年内据え置きが予想されており、ドイツやユーロ圏の経済指標悪化を手がかりにしたユーロ売りが先行しそうだ。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)が19-20日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)ではハト派寄りの姿勢が見込まれ、利上げ休止への思惑からユーロ売りが大きく広がる可能性は低いとみられる。

予想レンジ:1.1200ドル-1.1400ドル

■堅調推移、英国は合意なきEU離脱を回避

先週のユーロ・円は堅調推移。英国議会が合意なき欧州連合(EU)離脱の回避を支持し、離脱期限の延長を決定したことで安心感が広がり、週後半はユーロ買い・米ドル売りがやや優勢となった。この影響でユーロ・円の取引でも一部でリスク選好的なユーロ買いが観測された。取引レンジ:124円48銭-126円57銭。

■もみ合いか、ユーロ圏の経済指標などが手掛かり材料に

今週のユーロ・円はもみ合いか。欧州中央銀行(ECB)の主要政策金利は年内据え置きとなる可能性が高いとみられており、ユーロ圏やドイツの経済指標が市場予想を下回った場合、リスク選好的なユーロ買いは縮小し、対円レートは伸び悩む可能性がある。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント

・18日:1月貿易収支(12月:+170億ユーロ)

・22日:3月マークイット製造業PMI(予想:49.5)

・22日:3月マークイットサービス業PMI(予想:52.5)

予想レンジ:124円00銭-128円00銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:調整ムードが強まる相場展開に (03/16)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「中国ハイテク産業は好況」 (03/16)
  3. 米国株式市場見通し:FOMCが開催予定 (03/16)
  4. 来週の決算発表予定 ツルハHD、サツドラHD、クスリアオキなど (3月18日~22日)
  5. 今週の【早わかり株式市況】大幅反発、米中株高で買い戻し優勢 (03/16)
  6. 【今週読まれた記事】“二番天井”にはまだ早い (03/16)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 窪田製薬HD、松尾電、gumi (3月11日~15日)
  8. 来週の【重要イベント】貿易統計、FOMC、消費者物価指数 (3月18日~24日)
  9. 来週の株式相場見通し=配当権利取り需要で堅調、25日線上回り先高期待も (03/15)
  10. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 48社選出 <成長株特集> (03/14)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月20日発表分) 注目
  2. 2
    最高益【大復活】銘柄リスト 26社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    まだ間に合う、6月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    「高齢ドライバー事故対策」、走り出した関連株を追え <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場見通し=続伸か、リスク選好モードのスイッチ入る 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.