ログイン
2019年3月16日 14時59分
経済

国内外の注目経済指標:米FOMC声明で利上げに慎重な姿勢を再表明か

3月18日-22日週に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■20日(水)日本時間21日午前3時結果判明

○(米)連邦公開市場委員会(FOMC)会合-予想は政策金利の据え置き

2月消費者物価コア指数は前月比+0.1%、前年比+2.1%で市場予想を下回った。参考指標となるコアPCE(個人消費支出)物価指数の12月分は前年比で+1.9%と、目標の2%に近い水準で推移しているものの、中期的に2%レベルのインフレ率が定着するとの見方は少ない。2月の平均時間給は前年比+3.4%と予想を上回ったが、賃金上昇の圧力がさらに高まることがなければ、インフレ加速の可能性は低いとみられる。FOMC声明では、慎重で辛抱強い方針が表明される見込み。

■21日(木)午後9時発表予定

○(英)英中央銀行MPCが金融政策発表-予想は金融政策の現状維持

英中央銀行MPCのメンバーは、「欧州連合(EU)から英国が離脱する(ブレグジット)展開が明確になるまでは政策スタンスを変更するべきではない」との見方で一致している。一部のメンバーは「円滑なブレグジット(合意ある離脱)ならば、今後3年間で多少の引き締めは必要」と指摘しているが、経済協力開発機構(OECD)は2019年と2020年の世界の経済成長率見通しを引き下げており、合意ある離脱が実現しても、金利引き上げのタイミングについては慎重に判断するとみられる。

■22日(金)午前8時30分発表予定

○(日)2月全国消費者物価コア指数-予想は前年比+0.8%

参考となる1月実績は前年比+0.8%。自動車保険料の値上げや宿泊料金の上昇拡大などが寄与した。石油製品価格の上昇は鈍っており、エネルギーの寄与度は縮小。2月については、エネルギーの寄与度は引き続き縮小する見込みであることや、上昇率の拡大が予想される項目は減少することから、全体の物価上昇率は1月実績並みの水準にとどまる可能性が高い。

■22日(金)午後11時発表予定

○(米)2月中古住宅販売件数-予想は510万戸

参考となる1月実績は年率換算で494万戸、前月比-1.2%で500万戸の大台を下回った。販売価格(中央値)は24万7500ドルで、前年同月比+2.8%。住宅ローン金利の上昇が販売状況に影響を与えているようだ。2月については500万戸の大台を回復する見込みだが、大幅な増加は期待できない。

○その他の主な経済指標の発表予定

・18日(月):(日)2月貿易統計、(欧)1月ユーロ圏貿易収支

・19日(火):(欧)3月ZEW景況感調査

・22日(金):(独)3月マークイット製造業・サービス業PMI、(欧)3月ユーロ圏製造業・サービス業PMI

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「中国ハイテク産業は好況」 (03/16)
  2. 10万円以下で買える、連続最高益&低PBR「お宝候補」28社【東証1部】編.. (03/15)
  3. 【今週読まれた記事】“二番天井”にはまだ早い (03/16)
  4. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 48社選出 <成長株特集> (03/14)
  5. 国内株式市場見通し:調整ムードが強まる相場展開に (03/16)
  6. 今週の【早わかり株式市況】大幅反発、米中株高で買い戻し優勢 (03/16)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 窪田製薬HD、松尾電、gumi (3月11日~15日)
  8. ★本日の【サプライズ決算】速報 (03月15日)
  9. 個人投資家・有限亭玉介:急騰の可能性を秘めた個別株に注目中.. (03/16)
  10. サンバイオ株暴落から学ぶ、投資で痛手を被らない技 (03/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月20日発表分) 注目
  2. 2
    最高益【大復活】銘柄リスト 26社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    まだ間に合う、6月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    「高齢ドライバー事故対策」、走り出した関連株を追え <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場見通し=続伸か、リスク選好モードのスイッチ入る 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.