ログイン
2019年3月20日 7時35分
経済

NYの視点:市場関係者は今後2年間米GDP成長減速を予想=Fed調査

米連邦準備制度理事会(FRB)は19-20日に連邦公開市場委員会(FOMC)を開催している。米国の経済専門局CNBCがFOMC開催を控えた3月14日から17日の期間に調査を行った結果、対象となった43名のエコノミストやファンドマネージャー、マネーマネジャーなどのうち回答者100%は、FRBが今回のFOMCで利上げを見送ると見ていることが明らかになった。

回答者の60%は依然年内の利上げを予想。ただ、1月調査の78%からは低下した。回答者の14%は利下げを予想している。2020年の予想では、51%が利上げを予想、35%が利下げを予想している。

大半のエコノミストは2019年、2020年の米国経済の成長減速を予想。米国経済の成長の最大の脅威は、1)世界経済の弱さ: 32%、2)保護主義的貿易:27%、3)FRBによる政策の間違い:7%と続く。 米中貿易に関しては、回答者の79%が合意に至ると見ている。また、関税による影響が「著しい」と判断している回答者は全体の45%に達した。今後12カ月間に米国経済がリセッションに陥る確率は24.4%と、前回調査からは低下した。

回答者はバランスシートの規模に関して、現状4兆ドルから3.5兆ドルにまで縮小すると見ている。

市場関係者はハト派のFOMCを織り込みドル売りを優勢してきた。ただ、FOMCや予想が見通しに一致した結果となった場合には、買戻しに拍車がかかる可能性もある。

●利上げ

今回会合で政策金利据え置き:100%

2019年利上げ予想:60%(1月調査78%)、利下げ:14%

2020年利上げ予想:51%、利下げ:35%

●バランスシート

3.5兆ドルまで縮小(現4兆ドル)

●利上げ打ち止める際の金利

2.86%(11月時点3.34%)

●国内総生産(GDP)予想

2018:3.1%、2019:2.3%(1月2.44%)、2020:2.0%

●今後12カ月で、リセッションに陥る確率

24.4%(前回調査からは低下)

●米中貿易協議の行方

合意:79%、継続:17%、追加関税措置:2%

●成長への最大の脅威

世界経済の弱さ: 32%

保護主義的貿易:27%

FRBによる政策の間違い:7%

●関税による影響

著しい:45%、緩やか:48%、なし:7%

●2019の米国成長への影響

関税:-0.2%、世界経済の成長減速:-0.3%

《CS》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 画期的がん治療法「光免疫療法」に見えた光明と動き出す関連株 <株探トップ.. (03/19)
  2. 「人材派遣」関連に再評価機運、4月からの法改正も追い風に<注目テーマ> (03/19)
  3. 今朝の注目ニュース! ★パレモ・HD、リテールPA、新日建物などに注目! (03/20)
  4. 明日の株式相場見通し=FOMCを前に買い手控え、材料難で売買代金は低調 (03/19)
  5. NY株式:NYダウ26ドル安、米中交渉への懸念広がる (03/20)
  6. 本日注目すべき【好決算】銘柄 日本コークス、パレモ、誠建設 (19日大引け後 発表分)
  7. 本日の決算発表予定 … クスリアオキ、新都HD、石井表記 (3月20日)
  8. 見逃された“あの株”に復活の風、3月期末は「1月決算」好業績株が舞う <株探.. (03/18)
  9. 発車ベルが鳴り響く! 最強テーマで選ぶ材料株「上昇特急10銘柄」 <株探.. (03/16)
  10. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 46社選出 <成長株特集> (03/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月23日発表分) 注目
  2. 2
    ハイテク株に「夏相場到来」の機運、半導体株上昇が示す反騰シナリオ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月23日) 注目
  5. 5
    明日の株式相場戦略=半導体関連に物色の矛先、潮流は発生するか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.