ログイン
2019年3月20日 7時53分
特集

大幸薬品 Research Memo(3):クレベリン、新デザイン製品と新TVCMで出荷好調。インフルエンザ大流行追い風

■トピックス

1. インフルエンザの大流行

この冬のインフルエンザシーズンは、2019年1月初旬から本格的な流行期に入った。ピーク時期の患者数は過去10年で最多だった昨年と同等のレベルに達し、2年連続の大流行となった。大幸薬品<4574>のクレベリン製品群は、二酸化塩素が発生する製品である。二酸化塩素には、空間のウイルス・菌を除去する働きがあるため、インフルエンザの流行拡大は、二酸化塩素関連製品の販売に追い風となる可能性が高い。2019年3月期第3四半期の業績にはその影響はほとんど反映されていないが、3月15日の業績予想の上方修正に関する開示資料において感染管理事業の好調ぶりが記載されており、インフルエンザの流行拡大が業績を後押しした可能性がある。

2. クレベリン製品のデザインを一新し、新TVCMをリリース

2018年は、同社が中長期成長戦略の一環として推進するマーケティング及びブランディング改革の成果が現れた年だった。世界的デザイナーである佐藤オオキ氏が率いるnendoと複数年の包括的パートナー契約を結び、マーケティング及びブランディング戦略を刷新する。クレベリン製品のデザイン全面リニューアルは今回が初めて。機能や使い方の更なる理解、浸透を目的に、パッケージのデザイン、製品名、ブランドロゴを一新した。製品本体は 空間に馴染むよう、白を基調にしたシンプルなデザインに仕上げた。新たにブランドアイコン「シードット(Cに点)」を用い、視認性を高めた。2018年12月からは新TVCMを放映開始。主要ターゲットである受験生や妊産婦、乳幼児を持つ母親を意識した内容になっている。新デザイン商品の棚割り提案も成功し、インフルエンザ流行直前に新CMも投入され、マーケティング施策の連動が効果的に行われたもようだ。

3. 店頭販売の動向

同社のクレベリン製品(一般用製品)はウイルス除去効果市場において市場シェア50%を超え、圧倒的なトップブランドである。2019年3月期第3四半期においても、市場全体の成長率9%増に対し、クレベリン製品の成長率は17%増と大きく市場を上回り、その地位を確実なものにしている。他社と大きく差を開いた要因としては、高品質なブランド認知が蓄積していることに加え、デザインのリニューアルに伴う重層的なマーケティング施策が奏功したことが挙げられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 画期的がん治療法「光免疫療法」に見えた光明と動き出す関連株 <株探トップ.. (03/19)
  2. 見逃された“あの株”に復活の風、3月期末は「1月決算」好業績株が舞う <株探.. (03/18)
  3. 「人材派遣」関連に再評価機運、4月からの法改正も追い風に<注目テーマ> (03/19)
  4. 発車ベルが鳴り響く! 最強テーマで選ぶ材料株「上昇特急10銘柄」 <株探.. (03/16)
  5. 【インフルエンザ】関連の銘柄一覧
  6. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 46社選出 <成長株特集> (03/17)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 春風相場の回復トレンドに乗る! (03/17)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 3分割ポートフォリオの構築を! (03/17)
  9. 買い場到来【RSI(20%以下)】低PER 44社選出 <テクニカル特集> 3月19日版
  10. 個人投資家・有限亭玉介:急騰の可能性を秘めた個別株に注目中.. (03/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月21日記) 市況
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:PI、東エレク、KDDI 注目
  3. 3
    14時の日経平均は76円安の2万601円、SBGが31.42円押し下げ 市況
  4. 4
    不安定な相場に勝つ、「好業績・高進捗率・高ROE」3拍子揃った変身期待株7選 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):IRジャパン、HEROZ、GMO-PG New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.