ログイン
2019年3月21日 14時39分
通貨

東京為替:ドル・円はやや値を戻す展開、ドル売り一服

21日午後の東京市場でドル・円は110円50銭台にやや値を戻す展開。米連邦準備制度理事会(FRB)の予想以上のハト派姿勢を受けたドル売りは一服しており、円のほかユーロや豪ドルなど主要通貨は対ドルで上げ渋っている。ただ、欧州市場でのドル売り再開に警戒感は根強い。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円41銭から110円75銭。ユーロ・円は126円12銭から126円60銭、ユーロ・ドルは、1.1413ドルから1.1437ドルで推移。

《KK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内企業決算本格化、米4-6月期GDP、日米貿易協議動向 市況
  5. 5
    【今週読まれた記事】“知の融合”で飛躍する材料株を発掘! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.