ログイン
2019年3月22日 10時37分
通貨

外為サマリー:1ドル110円70銭台前後でもみ合う、FOMC後の落ち着き処探る

 22日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=110円75銭前後と20日午後5時時点に比べ80銭強の大幅なドル安・円高で推移している。

 21日のニューヨーク外国為替市場は、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けたドル売り・円買いが一服し、ドル円相場は1ドル=110円台後半で推移した。また、3月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数が、前月比で上昇し市場予想を上回ったこともドル買い・円売りにつながったようだ。

 この日の東京市場に移ってからは、ドルは110円70銭台を中心に一進一退。FOMCでは、19年中の利上げ回数は従来の2回がゼロ回とされた。また、9月末で資産圧縮を完全停止することも明らかにされた。市場の予想を上回るハト派姿勢が示されたことから、米金利は低下し、日米金利差縮小の観測からドル売り・円買い膨らんだ。ただ、110円前半では買いが入っており、相場はFOMC後の落ち着き処を探る展開となっている。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1367ドル前後と同0.0020ドル強のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=125円89銭前後と同70銭強のユーロ安・円高で推移している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月24日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (04月24日) 注目
  3. 3
    高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 4月24日版 特集
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月24日版 特集
  5. 5
    どう攻めるFA関連株、年後半相場「投資の処方箋」 <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.