ログイン
2019年3月26日 12時51分
通貨

規制機関が仮想通貨を受け入れる上で一番の問題は「借金できないこと」CMEトップが見解

米シカゴ先物市場(CME)のテリー・ダフィーCEOは、規制機関にとってビットコインを受け入れる上で供給量が制限されていることが一番のネックになっているという見方を示した。25日付のビジネスインサイダーが報じた。

ほとんどの仮想通貨にとっての売りは、供給量が制限されていること。例えば、ビットコインの供給量の上限は2100万枚だ。政府が自由に紙幣を印刷することができる伝統的な経済とは対照的だ。

ダフィー氏は、仮想通貨の政府による採用は大きな一歩になるとしつつも、次のように続けた。

「政府は、債務を持てない限り、運営できない。『全てをイーブンで責任ある運営をしたいから良い案だと思うよ。なんでかんでも借金はダメだ』と彼らが言う理由があるだろうか?私は考え中だよ」

ダフィー氏は、仮想通貨がウォール街で普及する条件として、規制当局に受け入れられることをあげている。

一方、米ドルやユーロと連動するステーブルコインは、今後幅広く受け入れられるようになるだろうと予想。伝統的なマネーと同じような特徴を持っていることを理由にあげた。

(記事提供:コインテレグラフ日本版)

コインテレグラフ日本版は世界中で読まれている仮想通貨ニュースメディア大手「Cointelegraph」の日本語版です。新聞社やTV局出身者で構成される編集部が海外チームと連携しながら、仮想通貨相場を動かすニュースを発信し続けています。

《SI》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月23日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月23日) 注目
  3. 3
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
  4. 4
    ハイテク株に「夏相場到来」の機運、半導体株上昇が示す反騰シナリオ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場戦略=半導体関連に物色の矛先、潮流は発生するか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.