ログイン
2019年3月26日 15時55分
経済

機関投資家が暗号通貨市場をどのように変えているか

暗号通貨を取引する機関投資家は、2018年に勢いを得て、多くのはっきりした態度を示すプレーヤーが少しずつ詰め寄り、テーブル席に座った。大手投資家の仮想通貨への関心の高まりは、市場の歪みと同様に、デジタル資産の支持の一因になっているかもしれない。

暗号市場は2019年に再び強気になるか

Bloombergは2018年、GeorgeSorosとRockefellerファミリーが緊急暗号資産クラスに参入し始めたと報道している。一族の260億米ドルのソロスファンド・マネジメントは、おそらくデジタル資産の取引を検討していた。Rockefellerファミリーのベンチャーキャピタル部門であるVenrockは、起業家がブロックチェーンビジネスを立ち上げるのを支援するためにCoinfundと提携するという異なるアプローチをとることに決めた。

GalaxyInvestmentPartnersの最高経営責任者であるMikeNovogratz氏は、2019年第1四半期と第2四半期には、多くの金融機関が暗号通貨市場へ参入する時期になると語った。彼はまた暗号通貨市場が、2019年に再び強気に転じると予想している。

暗号通貨市場はもう遊び場ではない

以前は、高いボラティリティと規制が欠如しているので、投資家は暗号通貨市場への参入を躊躇していたが、その動きは変わりつつある。大手投資家が暗号通貨市場でポジションを取り始めているからだ。

デジタルID管理システムを開発するPersonaの共同創設者であるStefanNeagu氏は、次のように述べている。

「機関投資家はビットコインを投資手段と見なしていたため、ビットコインは大手投資家にとって非常に魅力的だった。これが暗号通貨市場を助けることになった。なぜなら、暗号通貨市場はもはや遊び場ではなく、むしろ現実の経済からのお金を稼いでいる限られたグループのサンドボックスが、暗号通貨市場に移行したためである」

2018年に、店頭(OTC)マーケットメーカーが活況を呈し、多くの機関投資家が店頭(OTC)市場に移行した。Etoroは、機関投資家のために店頭プラットフォームをオープンし、CoinbaseとHodlHodlは、2018年11月にOTCを受付始めた。

暗号通貨の調査グループであるDiardiar.coによると、伝統的な取引所での機関投資家の暗号通貨取引は今年、BTCが主要な一団のポートフォリオに歓迎されることで、取引数量が減少している。代わりに店頭取引への移行があった。

店頭市場では、ビットコインの取引量が20%増加したが、Grayscale’sBitcoinInvestmentTrust(GBTC)のビットコインの取引量は、2017年と2018年の同じ時期を比べると、35%減少している。機関投資家は流動性の高い、荒っぽいOTCのビットコイン市場に移行していることを意味している。

機関投資家向け暗号通貨商品が上場されているOTC市場では、CoinbaseがGrayscale BitcoinInvestmentTrust(GBTC)よりも多くのビットコイン取引高を記録している。

流動性の問題と操作に対する感受性

暗号通貨市場のもう1つの課題は、流動性が低いこととその価格操作の影響を受けやすいことである。機関投資家の暗号通貨市場への参入が増えることは、現在の市場を固定し、価格を歪めるのに役立ったかもしれない。

StefanNeagu氏は、「この機関投資家の関心の高まりが、流動性の問題を引き起こすとは思わない。私は、暗号通貨市場と株式市場の違いを見出すことができない。価格の歪みに関しては、大きな波紋を呼ぶとは思わない」と語った。さらにStefanNeagu氏は、「マウントゴックスの管財人が4カ月間で2億3000万米ドル相当のビットコインを売りました。そして彼らは店頭市場ではなく、仮想通貨取引所を利用して売りました。現時点では、これらの機関投資家の「重さ」は、ビットコインの価格を下げるには、それほどの影響はありません」と付け加えた。

香港の暗号通貨規制が機関投資家を優遇

アジアでは、香港の証券先物委員会(SFC)が、暗号通貨の取引を機関投資家に限定する、新しい規則を導入した。ポートフォリオの10%以上を仮想資産に投資する認定ポートフォリオ管理者とファンドは、資格を有する機関投資家のみが仮想資産ポートフォリオに投資することを許可されるライセンスを取得する必要がある。

シンガポールを拠点とするNEOGlobalCapital(NGC)のRogerLim氏は、「東アジアの暗号規制は未だに分裂している」と説明する。しかしながら、さらなる規制は、管理と暗号通貨の受け入れを加速することだろう。

「機関投資家や富裕層、そして資産家一族は、暗号通貨の監視を続けており、暗号通貨を真剣に受け止めを続けている。規制当局が暗号通貨の採用のための基準とガイドラインの改善に取り組んでいるので、市場は同時に成熟するだろう。業界が考え方を変え、この成長の物語に注意を向け続けることができるのであれば、2019年には、暗号通貨は復活が見込まれる可能性が非常に高いと思います」と、RogerLim氏は語る。

出典「HowInstitutionalInvestorsAreChangingtheCryptocurrencyMarket」

著:TanzeelAkhtar

TanzeelAkhtar氏は、イギリスのジャーナリストで、10年以上にわたり金融市場を扱っている。彼女は、伝統的な新聞からBitcoin.comなどのオンラインメディアプラットフォームまで、あらゆるメディアプラットフォームにまたがって記事を書いている。TanzeelAkhtar氏は2012年、TheArchesというロンドンのワインバーでのお客の同士の会話から、Bitcoinの概念に出合った。

【ニュース提供・エムトレ】

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ALBERT、Gunosy、京王 (03/26)
  2. 時代の寵児、株価変貌ステージ第1章突入へ「新AI関連5銘柄」<株探トップ特集> (03/23)
  3. 「全固体電池」関連がランキング7位、実用化接近で再脚光<注目テーマ> (03/26)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):東武、MCJ、リクルート (03/26)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):協和キリン、三井住友建設、タカラバイオ (03/26)
  6. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 7 銘柄  S安= 1 銘柄 (3月26日)
  7. ★本日の【サプライズ決算】超速報・続報 (03月26日) [プレミアム専用]
  8. 明日の決算発表予定 ヒマラヤ、ニイタカ (3月26日)
  9. 絶好調の19年12月期【最高益】銘柄リスト〔第2弾〕35社選出 <成長株特集> (03/24)
  10. 生活防衛ならお任せ! 景気後退で再び輝く「100円ショップ」関連 <株探トップ.. (03/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月19日発表分) 注目
  2. 2
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    “上方修正”1ヵ月予想、先回り候補 24社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 近づく外国人買い転換の足音! 市況
  5. 5
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 急騰の昭和、波乱の平成、そして希望の令和に! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.