ログイン
2019年3月27日 7時35分
経済

NYの視点:逆イールドとリセッション

米国債市場で3カ月物Tビルと10年債の利回りが2007年以来で初めて逆転したため、米国経済が景気後退に陥るとの警戒感が強まった。米連邦準備制度理事会(FRB)が3月に実施した連邦公開市場委員会(FOMC)をさかいに米金利先物市場での利下げ確率が急伸。12月までの利下げを70%近く織り込んだ。

一方で、逆イールドの発生が、必ずしもリセッションの前兆ではないとの見方も少なくない。逆イールドが発生しても、リセッションに陥らなかったのは1998年、1965-66年で、この際、米連邦準備制度理事会(FRB)が金利を引き下げ、成長は続いた。また、リセッションが起こる時期までは、予測不可能。数カ月先の場合もあるし、逆イールド発生から2年後にリセッションに陥ったこともある。さらに、国際的な基準ではあまりあてにならない。英国や欧州では2008年の危機の前兆はなかった。

デューク大のハービー教授の調査によると、リセッションを予測するには、3カ月物Tビルと米10年債の利回り曲線がもっとも機能し、リセッションを確信するためには全1四半期の平均で逆イールドが発生する必要があると分析。1998年時、逆イールドが生まれたのは1カ月未満だったため、結局その後も成長が続いたと見られる。

ハービー教授によると、いずれ景気後退がくるのかもしれないが、現在のところ確信できることは「成長が弱い」ということのみで、すでに分かりきっていることだと指摘した。市場が過剰に悲観的になっている可能性がある。

《CS》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 今朝の注目ニュース! ★アンジェス、シンバイオ、コンテックなどに注目! (03/27)
  2. 「全固体電池」関連がランキング7位、実用化接近で再脚光<注目テーマ> (03/26)
  3. “フレッシュな爆発力”発揮へ 「東証1部指定」で新年度開花の中小型株精選.. (03/26)
  4. 明日の株式相場見通し=先物主導で波乱展開継続か、権利落ち分の即日埋めに関心 (03/26)
  5. NY株式:NYダウ140ドル高、米中交渉や英国議会の動向を注視 (03/27)
  6. 本日注目すべき【好決算】銘柄 コンテック (26日大引け後 発表分)
  7. 本日の決算発表予定 … ヒマラヤ、ニイタカ (3月27日)
  8. 絶好調の19年12月期【最高益】銘柄リスト〔第2弾〕35社選出 <成長株特集> (03/24)
  9. 時代の寵児、株価変貌ステージ第1章突入へ「新AI関連5銘柄」<株探トップ特集> (03/23)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 近づく改元、新元号関連に注目! (03/24)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月12日発表分) 注目
  2. 2
    AI&IoT“知の融合”、「覚醒する新世紀材料株」精選7銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    輝く高収益、“ROE10%超”内需好業績リスト〔第2弾〕27社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    ビットコインビットコイン一時1万ドル割れ、米規制強化へ警戒感、トランプ大統領発言で【フィスコ・ビットコインニュース】 通貨
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 成長なくして株価上昇なし! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.