ログイン
2019年4月14日 19時30分
特集

絶好調の20年2月期【最高益更新】リスト 33社選出 <成長株特集>

小売業をはじめ内需関連が多くを占める2月期決算企業の本決算発表は、12日に最大のピークを迎え、約9割の企業が発表を終えた。本特集では、これまでに発表された決算の中から20年2月期に過去最高益を見込む企業をリストアップしてみた(4月12日現在)。

株探集計によると、12日までに20年2月期の業績見通しを開示した184社のうち、経常利益ベースで増益もしくは黒字転換を計画する企業は140社と全体の76%に上った。下表ではこのうち、時価総額50億円以上の銘柄を対象に、20年2月期に経常利益が過去最高益を更新し、かつ同利益が前期と比べて5%以上伸びる見通しを示している33社を選び出し、増益率が大きい順に記した。

増益率トップとなったのはユニー・ファミリーマートホールディングス <8028> 。20年2月期はサークルKサンクスからファミリーマートへのブランド転換費用や不採算店舗の閉店に伴う費用などが大幅に減少し、経常利益は前期比14倍の600億円と4期ぶりに過去最高益を更新する見通しだ。

2位のアレンザホールディングス <3546> は4月にバローホールディングス <9956> とホームセンター事業を統合し、ダイユーリックホールディングスから現在の社名に変更している。20年2月期は子会社となったホームセンターバローの業績が上積みされるほか、事業統合によるコスト低減や利益率の高いプライベートブランドの販売を強化することも利益拡大に貢献する。

3位のパイプドHD <3919> はデータ管理プラットフォーム「スパイラル」を主力とし、システムの導入先から受け取る利用料を主な収益源としている。人手不足が続くなか、企業は業務効率化システムへの投資に意欲的であり、事業環境は良好だ。足もとの業績は新たな成長に向けて人材投資に注力したことで前期まで2期連続の減益となったが、今期は先行投資の収穫期として業績急拡大を見込む。人材採用や新たな投資活動を控え、中期経営計画に掲げた目標達成を目指す。

5位のクリーク・アンド・リバー社 <4763> は旺盛な専門分野の人材需要を背景に派遣・紹介事業が拡大するほか、制作スタジオを活用したテレビ番組やゲーム、Webなどの請負事業や医師の紹介事業も伸びる。また、前期に計上した本社移転に伴う一時費用がなくなることもプラスに働き、20年2月期の経常利益は前期比48.3%増の23.5億円と2期ぶりの最高益更新を狙う。

9位のキリン堂ホールディングス <3194> は既存店改装による客単価上昇や収益性の高い調剤部門の伸長などで前期は2期連続の2ケタ経常増益を達成した。20年2月期は既存店改装を一段と加速するほか、店舗作業の効率化など経費抑制も進め、経常利益は前期比31.3%の38.5億円と大幅増益を目指す。ドラッグストア業界では、21位にウエルシアホールディングス <3141> 、28位にスギホールディングス <7649> がリスト入りしている。両社とも積極出店を継続し、5期連続の過去最高益を計画する。

┌─── 経常利益 ───┐ 予想

コード 銘柄名    増益率 20年2月期 19年2月期  PER

<8028> ユニファミマ  1320   60000   4225 28.9

<3546> アレンザHD   407   3500    691 12.6

<3919> パイプドHD   205   1190    390 13.6

<6058> ベクトル    65.6   5000   3020 29.2

<4763> C&R     48.3   2350   1585 19.4

<2930> 北の達人    45.2   2703   1861 36.1

<8198> MV東海    37.4   6700   4877 12.2

<3996> サインポスト  34.9    363    269  146

<3194> キリン堂HD  31.3   3850   2933 11.8

<3922> PRTIME  27.5    630    494 34.8

<7465> MV北海道   22.0   1650   1352 32.3

<3030> ハブ      18.1    940    796 19.6

<4714> リソー教育   18.1   3000   2540 37.3

<3550> ATAO    18.0    880    746 22.6

<8278> フジ      15.8   10000   8637 11.7

<6086> シンメンテ   15.2    742    644 22.0

<9381> エーアイテイ  15.1   1960   1703 21.2

<2726> パルHD    14.9   9000   7832 13.4

<6532> ベイカレント  14.0   5000   4386 15.6

<3050> DCM     13.5   22600   19905 10.0

<3141> ウエルシア   13.0   35600   31500 21.4

<8167> リテールPA  13.0   6300   5574 14.7

<9740> CSP     12.4   4170   3709 31.8

<2925> ピックルス   11.4   1739   1561 13.3

<9793> ダイセキ    10.9   10200   9199 16.7

<7811> 中本パックス   9.9   1850   1684  9.8

<3826> SI       8.3    603    557 20.5

<7649> スギHD     6.5   29000   27237 16.6

<7453> 良品計画     6.2   48700   45861 18.9

<2292> SFOODS   5.8   12000   11344 16.4

<3073> DDHD     5.3   2350   2232 12.0

<3087> ドトル日レス   5.2   10810   10271 13.9

<9903> カンセキ     5.1   1250   1189 18.9

※経常利益の単位は百万円。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 好業績続く“中小型株”、19年3月期【業績上振れ】候補〔第3弾〕 <成長株特集> (04/11)
  2. 好決算先取り! 20年3月期「最高益大復活」候補7銘柄に照準 <株探トップ.. (04/09)
  3. 10万円以下で買える、高進捗&低PBR「お宝候補」18社【2部・新興】編 <割安株.. (04/14)
  4. 新生「半導体関連」の覚醒、小型株“究極の5銘柄”疾風の上げ相場へ <株探.. (04/13)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 重荷となる期日接近、活路を開く個別物色 (04/14)
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 基本的に、個別物色の展開が継続する! (04/14)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (4月12日現在)
  8. 4月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (04/13)
  9. 個人投資家・有限亭玉介:キャッシュレス関連から注目株を抜粋~その1~.. (04/13)
  10. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 uki5496さんの場合<最終回> (04/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月23日発表分) 注目
  2. 2
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    IT化推進で生産性向上、「スマート農業関連株」に夏疾風 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  5. 5
    まだ間に合う、5月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.