ログイン
2019年4月19日 17時02分
市況

<マ-ケット日報> 2019年4月19日

19日の市場は日経平均が反発。終値は前日比110円高の2万2200円だった。前日の米株高や安定した円相場の動きを受けて終日プラス圏で推移。2万2000円台を固める動きを続けている。一方、今晩の米国市場が休場ということで外国人の動きが乏しく東証1部の出来高は本年最低の9.2億株を記録。取引時間中の値幅もわずか88円しかなく、高寄りした後は横ばいで推移する膠着相場と化していた。

昨日の米国市場は主要経済指標を好感してダウ平均が反発。昨年10月4日以来の高値で取引を終えた。この日発表された3月の小売売上高は事前予想を大きく上回る伸び率。2017年9月以来の伸び率で米景気の減速懸念を後退させた。主力企業の1-3月決算も好調でマイナス材料が見当たらない状況。米国株は最高値奪回に向けて今のところ視界良好のようである。

さて、東京市場は持ち直し傾向にある米中景気を確認して今週は強めの基調を維持。1週間を2万2000円台で推移する新たなレンジ形成に入っている。全体的に出来高が低水準で日経平均ばかりが先行している点はやや物足りないが、米国株が史上最高値をうかがうような展開にあるため、来週もじり高基調を継続するものと思われる。ただ、日本では10連休入りが控えており、上値は行っても心理的なフシ目である2万2500円までが精一杯であろう。(ストック・データバンク 編集部)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【植木靖男の相場展望】 ─ 理想売りの段階は終わる!? 市況
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
  4. 4
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月17日現在) 特集
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.