ログイン
2019年4月20日 14時47分
通貨

ユーロ週間見通し:もみ合いか、ユーロ圏経済悪化を意識した円買いは限定的

■弱含み、ユーロ圏の景況感悪化を嫌気したユーロ売り

先週のユーロ・ドルは弱含み。中国の1-3月期国内総生産(GDP)、3月鉱工業生産、3月小売売上高が予想を上回ったことでユーロ買いが先行したが、ドイツとユーロ圏の4月製造業PMI速報値の下振れが懸念され、ユーロ売り・ドル買いが優勢となった。取引レンジ:1.1226ドル-1.1324ドル。

■下げ渋りか、米金融緩和への思惑残る

今週・来週のユーロ・ドルは下げ渋りか。ユーロ圏消費者信頼感やドイツIFO企業景況感の悪化で欧州中央銀行(ECB)の一段の緩和政策への思惑から、目先的にはユーロ売りに振れやすい。ただ、年内米利上げの可能性はゼロのなくなりつつあり、新たなユーロ売り材料が提供されない場合、リスク回避的なユーロ売りがさらに広がる可能性は低いとみられる。

予想レンジ:1.1100ドル-1.1350ドル

■弱含み、ドイツ経済の減速を警戒したユーロ売りも

先週のユーロ・円は弱含み。ドイツとユーロ圏の4月製造業PMI速報値は市場予想を下回ったことが要因。米ドル・円相場に大きな動きはなかったが、リスク回避的なユーロ売り・米ドル買いが一時活発となった関係でユーロ・円は一時125円65銭まで売られる場面があった。取引レンジ:125円65銭-126円81銭。

■もみ合いか、ユーロ圏経済悪化を意識した円買いは限定的

今週・来週のユーロ・円はもみ合いか。直近のドイツやユーロ圏の製造業PMIは景気判断の節目である50を割り込んでおり、景気減速懸念でユーロ売りに振れやすい。ただし、中国経済悪化への懸念は後退しており、リスク回避的な円買いが大きく広がる展開は想定しにくい。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント

・30日:1-3月期域内総生産速報値(10-12月期:前年比+1.1%)

予想レンジ:124円50銭-127円00銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「中国・米国の株価急騰、その要因と持続性」 (04/16)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「5月相場に期待膨らむ」 (04/20)
  3. 来週の決算発表予定 コマツ、ソニー、任天堂など (4月22日~26日)
  4. 今週の【早わかり株式市況】3週続伸・2万2000円台乗せ、日米貿易協議の無難通過.. (04/20)
  5. 【今週読まれた記事】2万2000円大台乗せ、連休明け高値期待も? (04/20)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 環境管理、アクロディア、RPA (4月15日~19日)
  7. 来週の【重要イベント】日銀政策会合、鉱工業生産指数、米国GDP (4月22日~28日)
  8. 来週の株式相場見通し=高値圏で一進一退、10連休前に売り買いともに手控え (04/19)
  9. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔12-2月期〕 14社選出 <成長株特集> (04/18)
  10. 「Society5.0」関連株始動へ、G20大阪サミット睨み国策の風 <株探トップ特集> (04/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月20日発表分) New! 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=逆イールド台風通過、ゲーム&バイオに資金流入 市況
  3. 3
    輝き放つ「電子カルテ関連」、大相場へと動き出した“有望銘柄のリスト” <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ヤマシン―F、キーエンス、三井不 注目
  5. 5
    不安定な相場に勝つ、「好業績・高進捗率・高ROE」3拍子揃った変身期待株7選 <株探トップ特集> New! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.