ログイン
2019年5月7日 12時08分
材料

日本調剤---19年3月期増収、調剤薬局事業は自力出店を中心とした出店戦略が好調

日本調剤<3341>は4月26日、2019年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比1.8%増の2,456.87億円、営業利益が同36.4%減の67.33億円、経常利益が同40.1%減の60.77億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同37.9%減の37.90億円となった。

調剤薬局事業では、当年度において32店舗を新規出店し、19店舗を閉店した。当会計期間末時点での総店舗数は598店舗(物販店舗2店舗を含む)となった。売上高は、前期比1.7%増の2,086.22億円となったが、これは自力出店を中心とした出店戦略の成果であるとしている。利益面については、調剤報酬及び薬価の改定の影響により、営業利益が同29.8%減の87.07億円となった。

医薬品製造販売事業の売上高は前期比6.8%増の406.59億円となった。これは調剤薬局事業の業容拡大に伴う内部売上高の増加などによるとしている。利益面は、つくば第二工場の稼働に伴う償却負担増はあったが、適正な販売価格の維持と各種経費の削減などにより、営業利益は同57.8%増の18.85億円と増益を実現し、グループ全体の利益を下支えした。中長期的な業績のV字回復計画を1年前倒しで達成する利益水準であり、今後の収益力強化に対する確かな手応えをつかんでいる。なお、当年度末での販売品目数は、新規収載品27品目を発売し663品目となった。

医療従事者派遣・紹介事業では、薬剤師を中心に派遣・紹介需要が引き続き高い水準で推移した。薬剤師の派遣・紹介に加え、医師紹介事業への取り組みを強化し、実績が大きく伸長した。これにより、売上高は前期比9.3%増の130.83億円となった。利益面については、医師紹介事業拡大に向けた人員増強などの先行投資が大きく影響し、営業利益は同19.7%減の14.78億円となった。期初計画に対しては売上高、営業利益ともに未達だったが、第2四半期累計期間における前年同期比の実績(6.0%増収、37.7%減益)から下期は着実に改善している。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比9.3%増の2,685.99億円、営業利益が同7.4%増の72.31億円、経常利益が同16.3%増の70.69億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.1%増の40.20億円を見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 令和相場でスタートダッシュ! 3つの有望テーマ(2)【5G】 <GW特集> (05/05)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 令和の日本、悪材を跳ね返す期待の大テーマ.. (05/06)
  3. 決算シーズン“突入” 来週の上方修正【大予想】 22社選出 <GW特集> (05/01)
  4. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第1弾〕 20社選出 <GW特集> (05/06)
  5. 前半戦速報、20年3月期【最高益】銘柄リスト 38社選出 <GW特集> (05/05)
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 希望の令和の幕開け! 日経平均は3万円を狙う.. (05/04)
  7. 令和相場でスタートダッシュ! 3つの有望テーマ(1)【キャッシュレス決済】.. (05/04)
  8. 令和相場でスタートダッシュ! 3つの有望テーマ(3)【MaaS】 <GW特集> (05/06)
  9. 【植木靖男の相場展望】 ─ 始まる令和相場、個別材料株で道を拓く! <GW特集> (05/05)
  10. 横山利香の「株探の歩き方」第1回 ─トップページ活用術(前編) (04/30)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月17日発表分) New! 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=EV、5G、半導体関連で強い株につく 市況
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月17日記) 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月17日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ブシロード、ソニー、メディアドゥ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.