ログイン
2019年5月17日 12時23分
材料

みらかホールディングス---19年3月期の売上高は1,814.15億円、臨床検査薬事業が好調

みらかホールディングス<4544>は14日、2019年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比7.2%減の1,814.15億円、営業利益が同17.0%減の146.48億円、経常利益が同30.4%減の115.24億円、親会社株主に帰属する当期純利益が63.86億円(前期は2.57億円の利益)となった。

受託臨床検査事業の売上高は前期比11.4%減の1,080.84億円、営業利益は同38.2%減の46.37億円となった。国内事業において上期は自然災害の影響等もあり成長が限定的ではあったものの、下期より新規獲得顧客の売上が発現し増収となり、通期では増収となった。しかしながら、MLS(米国病理検査事業)が2017年11月に連結除外となったことから、セグメント全体では減収となった。利益面では、成長基盤構築のための先行費用及び設備投資に伴う減価償却費の増加により費用が増加した。

臨床検査薬事業の売上高は前期比0.2%増の453.99億円、営業利益は同2.0%増の100.35億円となった。主力製品であるルミパルス試薬の販売が伸長する一方、海外子会社における前期の一過性売上の反動減及び国内事業における海外既存製品の終売等の影響で売上高は前期並みとなった。利益面では、支払ロイヤリティの減少等により増益となった。

ヘルスケア関連事業の売上高は前期比0.7%減の279.31億円、営業利益は同40.3%減の14.60億円となった。滅菌事業が堅調であったものの、治験事業が減収及び調剤薬局を営む地域医療支援センターの売却等により微減となった。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高は前期比5.3%増の1,910.00億円、営業利益は同1.0%減の145.00億円、経常利益は同1.5%増の117.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同19.0%増の76.00億円を見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 大容量・同時多数接続で出番、5Gアンテナ「MIMO関連株」に照準 <株探トップ.. (05/16)
  2. 武者陵司 「中国の譲歩は不可避だろう」 (05/16)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 28社選出 <成長株特集> (05/16)
  4. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月15日版
  5. 高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月15日版
  6. 「サイバーセキュリティ」に国策の風、サイバー対策で新庁創設<注目テーマ> (05/14)
  7. 米中摩擦相場は「鈍感力」で乗り切れ (05/15)
  8. 5月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (05/14)
  9. 消費増税延期は三度繰り返す!? 令和「政策相場」突入の確度 <株探トップ特集> (05/15)
  10. 雨宮京子氏【下値模索続く東京マーケット、転機と戦略を探る】(1) <相場観特集> (05/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):サンバイオ、コロプラ、KLab 注目
  2. 2
    5万円以下で買える、増収増益&低PBR「お宝候補」21社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  3. 3
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (5)決算速報は有望銘柄の宝庫 特集
  4. 4
    Aimingが続落、「ログレス物語」サービス開始で目先の材料出尽くし感強まる 材料
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月20日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.