ログイン
2019年6月22日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「二段上げ、安値期日」

◆トランプ大統領のツィートが世界のマーケットを再び大きく動かした。18日、中国・習近平主席と電話会談を行い、G20サミット(28-29日)に合わせて「米中首脳会談」の実施を決めたという。米中貿易問題はいま世界で最大の関心事で、28日まで様子見を決め込んでいたマーケットだ。協議進展期待を募らせたことで株価が大きく反応するのも当然だろう。

◆また、追加緩和の必要性に言及した18日のドラギECB総裁演説に加え、19日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で早期利下げの可能性が示唆されたことも、株式市場には「過剰流動性」の再来として追い風になった。

NYダウ(20日高値2万6798ドル)は2万6000ドル近辺の踊り場から上放れ、昨年来の三尊高値ゾーン(2万6600ドル~2万6950ドル)に入ってきた。 日経平均株価(20日2万1462円引け)は2万1000円近辺の踊り場を上放れて2万1491円まで上げ、75日移動平均線(2万1432円)を突破。

◆日足はともに二段上げに入ったが、チャートは昨年12月26日安値から6カ月目のタイミングでもあり、「安値期日」としてG20サミットまで株価はもう一段上値追いとなる可能性も出てきた。NYダウは昨年10月の過去最高値2万6951ドルを、日経平均株価は200日移動平均線(2万1677円)や4月高値2万2362円をトライしてもおかしくない。

◆このように月内の堅調相場が期待されるが、この勢いが7月も続くかは不明だ。米中貿易協議の進展やFRBの年内2回の利下げを織り込んだことで、株価の勢いが止まると「出尽くし感」が台頭しかねない。そして、為替(ドル円)は107円台の円高となり、為替の日足は三段下げに入ってきた。7月下旬から始まる決算発表(4-6月期)への懸念が強まることも想定される。

◆勢いよく動きだした株式市場。目先「買い」で対応するのは当然だが、7月になると高値懸念が生じることを頭に入れて対応したい。

(6月20日 記、毎週土曜日10時に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日米株式市場、転機を迎えるか?年後半の行方」 (06/22)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 再起力で選別!買い場提供の“ちょい下げ”.. (06/23)
  3. 来週の株式相場戦略=日本株の出遅れ解消なるか、米中首脳会談に注目 (06/21)
  4. 大化け株を【四季報】で探す、5ブロック活用術 (06/18)
  5. 【四季報】で探した“10倍株”の利益をガッチリ取るための心構えと取引テクは? (06/21)
  6. 【今週読まれた記事】業績、四季報、自社株買い……探せ“大化け候補” (06/22)
  7. 今週の【早わかり株式市況】3週続伸、米中首脳会談開催・米利下げの確度高まる (06/22)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 サンオータス、モルフォ、MSOL (6月17日~21日)
  9. 最高益【大復活】銘柄リスト 26社選出 <成長株特集> (06/20)
  10. 10万円以下で買える、連続最高益&低PER「お宝候補」20社【東証1部】編 <割安.. (06/21)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月7日発表分) 注目
  2. 2
    【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! 市況
  3. 3
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版 市況
  4. 4
    「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト” <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ力”企業 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.