ログイン
2019年7月19日 9時15分
材料

ジャステック---IT企業の横顔

「もっと上手いやり方はないか、もっと独創的なやり方はないか、常にチャレンジしています」と語るのは、ジャステック<9717>の中谷 昇(なかたに のぼる)社長。

1971年、日本のIT産業の黎明期に創業した。IT企業としては老舗と言える。現会長を中心とする創業メンバーの当時の思いは、「ソフト開発エンジニアが技術力を発揮し、生き生きと働ける会社を作りたい」というものだった。エンジニアの派遣で成り立っていたIT業界の構造に真っ向から立ち向かい、風穴を空けるべく、プロジェクトを一括で請け負い、開発プロセスを体系化した独自の管理手法で、本来あるべき知識集約型のIT企業のモデルとなることを目指してきた。自社のエンジニアをきちんとマネジメントし、プロジェクトから得た各自の知見を共有する、何よりエンジニア自身がキャリアパスを描けるような会社を作りたい。自発性や独創性を大切にする経営理念は、現在まで脈々と受け継がれている。

中谷社長は、大手電機メーカーの出身。フランスの工場や研究所で通信系ハードウェア開発のプロジェクトに携わった後、米国にてMBAを取得し、そのまま米国にて戦略コンサルティングファームに転じた。現会長であるジャステックの神山 茂社長(当時)から声がかかったのは、その頃だった。

「海外事業を手伝ってもらえないか」

かねてから、ハードでなくソフトウェア開発に興味があった。2003年にジャステックに入社すると米国や欧州にて海外事業所の立上げやM&Aで手腕を発揮、2010年に帰国し社長に就任した。

「IT業界をより良く変えていきたい、という思いは変わりません。品質で勝負をかける、最先端の開発手法や最新技術の獲得意欲は、ジャステックのDNAです。最初に、金融業界のユーザー各社から高い評価を受け、他業界にも広がったのです」

現在も続く、大手を中心とする金融、製造、建設、電力、流通、官庁といった幅広い顧客層は、こうして広がっていった。

「会社の将来像は、ロンドンの2階建てバスのようなイメージを考えています」

まずは、国内市場で、受託開発ではまだまだ未開拓の業種である化学、薬品、キャリアのお客様を増やしていく。次に、海外市場ではM&Aも視野に入れた新技術の獲得や、AIや IoT領域の人材育成を進めていく。

「IT業界はこれまで、どう生産性を上げていくか、コストダウンするかばかりを考えてきました。欧米を見れば、ITはむしろトップラインをどう上げていくか、に活用されています。日本もそれを目指すべきだと思います」と中谷社長は熱く語っていた。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> (07/18)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月17日版
  3. スタートダッシュした2月決算企業、高進捗率の増額期待15銘柄はこれだ.. (07/16)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合<最終回> (07/18)
  5. 「教育ICT関連」に新潮流、最先端技術で学力底上げを担う本命&穴株.. (07/17)
  6. REITに続け、「金利低下」+「敵対的M&A」で要マークの不動産株7選.. (07/18)
  7. 輝く高収益、“ROE10%超”内需好業績リスト〔第2弾〕27社選出 <成長株特集> (07/15)
  8. 急落後のリバウンド狙う、ボリンジャー【-3σ】ブレイク銘柄 22選出 <テクニ.. (07/18)
  9. 「人工知能」関連がランキング2位、AI人材にもマーケットの熱視線<注目テーマ> (07/16)
  10. AI&IoT“知の融合”、「覚醒する新世紀材料株」精選7銘柄 <株探トップ特集> (07/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月18日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★山田債権、中村超硬、ネットワンなどに注目! 注目
  3. 3
    本日の【新規公開(IPO)銘柄】ワシントンH、浜木綿 注目
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 ネットワン、くら寿司 (17日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【昼刊】:ファストリ、大平金、ロゼッタ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.