ログイン
2019年8月1日 18時17分
材料

テクマトリックス---1Qは2ケタ増収・大幅増益、アプリケーション・サービス事業の利益が大幅増

テクマトリックス<3762>は7月31日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比12.4%増の63.62億円、営業利益が同58.2%増の5.59億円、経常利益が同74.6%増の5.58億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同73.1%増の3.69億円となった。

情報基盤事業の売上高は前年同期比10.9%増の42.37億円、営業利益は同36.8%増の4.10億円となった。負荷分散装置については、サイバー攻撃対策としての「暗号化通信の可視化」や「WAF(Web Application Firewall)」といったセキュリティ関連機能による差別化が奏功し、受注は堅調だった。また、Webセキュリティ製品等の販売は官需・民需を含め好調に推移した。加えて、新しい分野のセキュリティ対策製品等も順調に受注実績を積み上げた。また、セキュリティに関連する運用・監視サービスの売上も順調に推移した。ストレージ製品については、メディア・エンターテイメント業界向けの売上が好調だった。なお、地方拠点においても官需・民需共に順調に受注を伸ばした。

アプリケーション・サービス事業の売上高は前年同期比15.5%増の21.24億円、営業利益は同177.1%増の1.48億円となった。医療分野では、NOBORIの医療情報クラウドサービス「NOBORI」の受注が堅調に推移し、累積契約施設数の増加に加え、既存ユーザのサービス契約更新も順調に推移した。医知悟は、放射線分野での病院向け読影サービス提供が順調に増加し、堅調に推移した。CRM分野では、次世代製品及び機能強化したFAQシステムの市場への投入、業務提携、クラウド需要の拡大、知名度の向上と実績の拡大に伴い受注が好調で、大型案件の受注実績も増加した。ソフトウェア品質保証分野では、ソフトウェアテストツールの受注が好調だった。ビジネスソリューション分野では、学術系公共機関向けのシステム開発案件及びBIツールの販売が堅調に推移した。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比5.4%増の268.00億円、営業利益が同1.7%増の24.60億円、経常利益が同4.6%増の24.60億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同8.8%増の16.00億円とする期初計画を据え置いている。

《MH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 決算シーズン序盤の急所、上方修正候補「先回り買い」選りすぐり7銘柄.. (07/29)
  2. 東京五輪に向け「渋滞対策」秒読み開始、関連株に上昇機運 <株探トップ特集> (07/31)
  3. ズバリ分析、夏の恒例イベント「日経平均入れ替え」で騰がる株.. (07/30)
  4. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月31日版
  5. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 7月31日版
  6. 「eスポーツ」が急浮上、16歳少年が過去最高額の賞金獲得で話題に.. (07/30)
  7. ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (1) 株達人への第一歩 (07/23)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第1回> (07/26)
  9. 決算先取り、4-6月期「大幅増益」期待リスト 22社選出 <成長株特集> (07/28)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 見逃された実力株を再評価! (07/28)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    外為サマリー:一時1ドル107円20銭台に軟化、日経平均の下落が重荷 通貨
  2. 2
    明日の株式相場戦略=テレワーク、医療ICT関連に光明 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月1日発表分) 注目
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★ワッツ、ヤマダ電、ソフトマックスなどに注目! 注目
  5. 5
    見えないコロナ収束の日、休校長期化で「学童保育関連株」に存在感 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.