ログイン
2019年8月6日 13時18分
材料

ソフト99コーポレーション---1Qは売上高が61.99億円、ポーラスマテリアル事業が好調に推移

ソフト99コーポレーション<4464>は2日、2020 年3月期第1四半期(19年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比1.2%減の61.99億円、営業利益が同11.3%減の6.41億円、経常利益が同11.8%減の6.92億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同8.4%減の4.82億円となった。

ファインケミカル事業の売上高は前年同期比1.1%減の31.22億円、営業利益は同12.5%減の3.65億円となった。主力である国内カー用品においてボディケアは新製品の販売好調を受けて伸長したものの、西日本を中心に梅雨入りが遅れ、撥水剤を中心に販売が落ち込んだ。その他、利益率の高い業務用製品の販売苦戦や、利益率の低い海外での製品販売伸長に伴うセールスミックスの変化もあり、減収減益となった。

ポーラスマテリアル事業の売上高は前年同期比0.9%増の14.69億円、営業利益は同3.6%増の2.00億円となった。 産業資材部門において、半導体製造用製品関連で好調を維持していた大手ユーザーが調整局面に入り需要が減少したことで、前期を下回った。一方、生活資材部門においては、自動車用製品や家庭用スポンジ、吸水セームの需要が好調で、さらに生産体制が整い供給が安定したことも後押しし、前期を上回った。その結果、産業資材部門の落ち込みを生活資材部門がカバーし増収増益となった。

サービス事業の売上高は前年同期比4.2%減の12.58億円、営業利益は同65.1%減の0.20億円となった。 自動車整備・鈑金事業において、今期の車両入庫数が通常ペースであったために、減収減益となった。一方、自動車教習事業では、自動車教習の入所者が堅調に推移したことに加え、高齢者教習も好調に推移したが、自動車整備・鈑金事業の減益をカバーしきれず、全体では減収減益となった。

不動産関連事業の売上高は前年同期比0.3%減の3.49億円、営業利益は同2.6%増の0.53億円となった。不動産賃貸事業では、保有物件において安定した稼働率を保ったことで増収増益となった。 一方、温浴事業では、競合店の新規出店の影響を受け減収減益となり、その結果、サービス全体では減収増益となった。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比1.8%増の250.00億円、営業利益が同0.7%減の25.00億円、経常利益が同2.4%減の26.20億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同2.2%減の18.20億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 8月下旬には転機が訪れるタイミング! (08/04)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ トランプ爆弾、再び! (08/04)
  3. 熱き冷戦、「冷凍食品」関連株に意外高の芽、消費増税にらみ評価一変.. (08/05)
  4. 雨宮京子氏【続急落、円高受け波乱の日経平均ここからの展望】(2) <相場観特集> (08/05)
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 23社選出 <成長株特集> (08/04)
  6. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月5日版
  7. サイバー防衛関連“2019夏の大玉花火”、急騰の宴が近づく5銘柄.. (08/03)
  8. 10万円以下で買える、高ROE&低PER「お宝候補」15社【2部・新興】編.. (08/04)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第2回> (08/02)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:『夏枯れの森』の中で『元気な木』を探す (08/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    外為サマリー:一時1ドル107円20銭台に軟化、日経平均の下落が重荷 通貨
  2. 2
    明日の株式相場戦略=テレワーク、医療ICT関連に光明 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月1日発表分) 注目
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★ワッツ、ヤマダ電、ソフトマックスなどに注目! 注目
  5. 5
    ANA---急落、全社員半数規模の一時帰休実施が伝わる 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.