ログイン
2019年8月9日 14時33分
材料

KADOKAWA---1Qは営業利益が769.0%増、出版事業及び映像・ゲーム事業で大幅増収

KADOKAWA <9468>は8日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)の連結決算を発表した。売上高が前年同期比0.2%増の497.45億円、営業利益が同769.0%増の34.71億円、経常利益が同227.7%増の36.43億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同606.5%増の26.03億円となった。

出版事業は前年同期比で増収・増益となった。電子書籍・電子雑誌は、市場動向を徹底注視した施策が奏功し好調に推移している。書籍は、シリーズ作品が好調に推移している。

映像・ゲーム事業は前年同期比で増収・増益となった。北米、中国を中心としてアニメ等の海外ロイヤリティ収入が引き続き好調に推移している。また、IPを活用し、他社が配信するオンラインゲームとのコラボレーションによる権利許諾が収益貢献した。加えて、ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の海外ロイヤリティが想定を上回り収益に大きく貢献した。

Webサービス事業は、前年同期比で微減収となったが、営業利益は5.3億円(前年同期は営業損失△4.1億円)となり黒字化した。「ニコニコチャンネル」の有料会員数が101万人(3月末は95万人)まで増加した。4月開催の「ニコニコ超会議2019」では、会場来場者数16万8,248人と過去最高の会場来場者数を記録するとともに、コストコントロールにより赤字幅が縮小した。連結子会社ドワンゴにおいても構造改革が着々と進捗している。

2020年3月期通期の連結業績は、売上高が前期比4.0%増の2,170.00億円、営業利益が同99.4%増の54.00億円、経常利益が同47.4%増の62.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が38.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (2) 意中の銘柄は検索機能で調べよう! (08/09)
  2. 企業の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”登場! ⇒⇒ 詳細をみる (08/06)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)
  4. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月8日版
  5. 真夏の波乱相場、「米中貿易戦争」脱出シナリオを探る <株探トップ特集> (08/06)
  6. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月7日版
  7. AWS関連に脚光、クラウドの森で巨木へと成長遂げる好望株を追え.. (08/08)
  8. 2019年最強銘柄に学べ、強者が強者たるゆえん (08/07)
  9. 「円高メリット」が5位にランクイン、1ドル=105円台突入で注目度上昇.. (08/05)
  10. 「半導体製造装置」に視線集まる、SOX指数急落もリバウンド狙いの買い.. (08/06)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! 市況
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ力”企業 市況
  4. 4
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版 市況
  5. 5
    和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第11回 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.