ログイン
2019年8月13日 17時54分
材料

Jトラスト---第1四半期の営業利益は会社計画を上回った模様

Jトラスト<8508>は9日、2019年12月期第1四半期(19年4-6月)連結決算(IFRS)を発表した。営業収益が前年同期比5.1%増の182.79億円、営業利益が同40.4%減の4.81億円、税引前利益が同92.2%減の1.52億円、四半期損失が4.25億円(前年同期13.47億円の利益)、親会社所有者に帰属する四半期損失が1.60億円(同14.92億円の利益)となった。通期の営業利益計画0.61億円を考えると、第1四半期の業績は会社計画を上回ったものとみられる。

日本金融事業は保証料収益や債権回収における利息収益が堅調に推移したほか、貸倒引当金繰入額が減少したことから、営業利益は前年同期比11%増益となった。海外事業では、韓国及びモンゴル金融事業が平均貸出金利の低下によって営業収益が同4%減となったものの、貸倒引当金繰入額の減少及びNPL売却益の計上によって営業利益は同75%増加した。東南アジア金融事業は、Jトラスト銀行インドネシアにおいて、銀行業における貸出金の減少に伴い利息収益が減少したほか、差押さえ担保資産の評価損を計上したことなどから、同減収減益。

投資事業では訴訟関係費用の増加による販管費の増加を受け、5億円の営業損失となった。総合エンターテインメント事業は、M&Aが収益・利益ともに貢献し、不動産事業では、営業収益が増加した一方で、営業利益は売上原価の増加により前年同期比で減少した。

2019年12月期(19年4-12月)通期については、営業収益が643.97億円、営業利益が0.61億円、親会社の所有者に帰属する当期損失として11.18億円を見込む当初の計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 10年来高値更新銘柄の威力 (08/11)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  4. “日の丸技術”次なる舞台へ、「宇宙開発関連」打ち上げ近づく有力株 <株探ト.. (08/10)
  5. 四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! (08/13)
  6. 個人投資家・有限亭玉介:暴落相場を乗り越えられるか…注目株を公開.. (08/10)
  7. 【パラボリック陽転】低PER 32社選出 <テクニカル特集> 8月13日版
  8. 8月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (08/12)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月9日現在)
  10. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【昼刊】:HIS、ニトリHD、ジョルダン 注目
  2. 2
    外為サマリー:一時1ドル106円60銭台に上昇、株高や米金利上昇が支援材料 通貨
  3. 3
    11時の日経平均は64円高の2万692円、ユニファミマが18.77円押し上げ 市況
  4. 4
    日経平均23日前引け=続伸、44円高の2万672円 市況
  5. 5
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (3) 人気の銘柄はランキングに潜んでいる! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.