ログイン
2019年8月16日 12時08分
材料

サン電子---1Qは売上高が12.0%増、モバイルデータソリューション事業及びエンターテインメント関連事業が増収

サン電子<6736>は9日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比12.0%増の63.74億円、営業損失が10.70億円(前年同期は2.71億円の損失)、経常損失が10.83億円(同2.50億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は10.98億円(同3.24億円の利益)となった。

モバイルデータソリューション事業は、「UFED 4PC」の販売が引き続き好調に推移したほか、科学捜査の高度化に伴い、捜査官向けトレーニング及びテクニカルサービスについても堅調に売上高を伸ばした。

エンターテインメント関連事業における遊技機部品事業は、制御基板の販売が大きく落ち込んだ前年同四半期に比べ増加した他、品質を維持しながら開発・製造ともにコスト削減のためにプロジェクトを立ち上げ、それぞれ効率化を進めた結果、増収となり、利益を確保した。

新規IT関連事業のうち、M2M事業は、企業のIoT化をトータルで支援するべく、前期に販売を開始したセンサーデバイス「おくだけセンサー」について実証実験をスタート。また、自販機等の案件を確保したことなどもあり、Roosterなどのルーター・ゲートウェイの売上高が増加している。AR事業でも、前期に発売した産業用向け業務支援システム「AceReal One」について5社の販売パートナーとともにフィールド作業を必要とする企業を中心に、提案活動に努めている。

第三者割当による優先株式発行に伴う諸経費約9億円の計上が大きく影響し、営業損益が損失となったが、当影響を除いた通常活動の事業損益は改善した。

2020年3月期通期の連結業績予想については、レンジで開示している。売上高が前期比8.9%~14.1%増の275.00億円~288.00億円、営業損失が11.00億円~6.00億円、経常損失が11.00億円~6.00億円、親会社株主に帰属する当期純損失が17.70億円~12.70億円としている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 30社選出 <成長株特集> (08/15)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月14日版
  3. 四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! (08/13)
  4. 急拡大する市場、“株高の夢”搭載する「トランクルーム関連株」を買え.. (08/15)
  5. 今夏熱く燃えるeスポーツ関連株、成長はまだファーストステージ.. (08/14)
  6. 武者陵司 「真夏の夜の悪夢の検討」 (08/16)
  7. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:暴落相場を乗り越えられるか…注目株を公開.. (08/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    天高し、次世代テクノロジー「倍騰株スペシャル厳選5銘柄」<株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月18日発表分) 注目
  3. 3
    今週の上方修正【大予想】 18社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 黄金の3ヵ月、勝負の時が始まる! 市況
  5. 5
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 引き続いて、各論勝負の投資戦術を! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.