ログイン
米国株
2019年8月16日 17時58分
材料

ハピネット---1Qは売上高が462.57億円、玩具事業及びアミューズメント事業で増収

ハピネット<7552>は9日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比2.1%減の462.57億円、営業利益が同25.0%減の5.75億円、経常利益が同23.9%減の5.73億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同68.5%減の1.37億円となった。

玩具事業の売上高は前年同期比25.5%増の163.62億円、セグメント利益は同0.2%減の2.54億円となった。バンダイの「リュウソウジャー」やBANDAI SPIRITSの「一番くじ」関連商品、トレーディングカードで「ポケモンカードゲーム」関連商品などが好調に推移し、売上高は前年同期を上回った。利益面は、一部商品について在庫の評価損失を計上したことにより、前年同期と横ばいとなった。

映像音楽事業の売上高は同12.1%減の178.29億円、セグメント利益は同21.7%減の2.78億円となった。嵐のベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」や、自社出資作品のアニメ「マナリアフレンズ」が好調に推移したものの、パッケージ市場全体が厳しい環境で推移したことにより、売上高、利益面ともに前年同期を下回った。

ビデオゲーム事業の売上高は同20.5%減の74.62億円、セグメント利益は同81.8%減の0.18億円となった。「Nintendo Switch」関連商品が引き続き堅調に推移しているものの、携帯型ゲーム機のハード及びソフトが低調に推移したことや、自社独占流通のソフトでヒット商品がなかったことにより、売上高、利益面ともに好調であった前年同期を下回った。

アミューズメント事業の売上高は同1.6%増の46.01億円、セグメント利益は同9.0%減の3.30億円となった。イベント販売や新規ロケーションの開拓を推進したことによりカプセ

ル玩具が好調に推移し、売上高は前年同期を上回った。利益面はカードゲーム機のアップデートに伴う費用が発生したことなどにより、前年同期を下回った。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比0.2%減の2,400.00億円、営業利益が同10.1%増の50.00億円、経常利益が同9.5%増の48.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同2.4%増の28.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月14日版
  2. 四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! (08/13)
  3. 4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 30社選出 <成長株特集> (08/15)
  4. 急拡大する市場、“株高の夢”搭載する「トランクルーム関連株」を買え.. (08/15)
  5. 【アミューズメント】関連の銘柄一覧
  6. 武者陵司 「真夏の夜の悪夢の検討」 (08/16)
  7. 今夏熱く燃えるeスポーツ関連株、成長はまだファーストステージ.. (08/14)
  8. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  10. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月21日発表分) 注目
  2. 2
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔3-5月期〕 17社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    21年後半相場の4大テーマ株を狙え! 活躍期待の注目銘柄3選(2)【再生可能エネルギー】 <連休特別企画> 特集
  4. 4
    レーティング週報【格上げ↑】 (7月19日-21日) 特集
  5. 5
    21年後半相場の4大テーマ株を狙え! 活躍期待の注目銘柄3選(3)【電気自動車(EV)】 <連休特別企画> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.