ログイン
米国株
2019年8月20日 7時00分
材料

NY株式:NYダウ249ドル高、米中対立への警戒感が和らぐ

米国株式相場は上昇。ダウ平均は249.78ドル高の26135.79、ナスダックは106.82ポイント高の8002.81で取引を終了した。米長期金利の低下が一服し、買いが先行。ロス商務長官が中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置をさらに90日間猶予すると発表し、米中貿易摩擦への懸念が後退した。また、中国人民銀行が貸出金利の引き下げを計画しているほか、ドイツが経済危機時に最大500億ユーロの財政支出が可能であると示唆し、世界的な景気刺激策の広がりを期待する見方も広がり終日堅調となった。セクター別では全面高となり、特に半導体・半導体製造装置やエネルギーの上昇が目立った。

原油相場の上昇で、エネルギー会社のチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が上昇。米中貿易摩擦の懸念後退により、マイクロン・テクノロジー(MU)やエヌビディア(NVDA)など半導体セクターが軒並み堅調推移。携帯端末のアップル(AAPL)は、トランプ大統領が先日クックCEOと会食し、対中関税による同社への影響を考慮する可能性を示唆し買われた。短文投稿サイトのツイッター(TWTR)は、香港の条例改正案を巡る抗議行動を弱める目的で作られた中国側の偽アカウントを削除したことを公表し上昇した。

JPモルガン・チェースのダイモンCEOが会長を努める、米経営者団体のビジネス・ラウンド・テーブルは、株主中心主義を否定し、全ての利害関係者を尊重すべきとの見解を示した。

Horiko Capital Management LLC

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」.. (08/17)
  2. 4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 29社選出 <成長株特集> (08/18)
  3. 輝き放つ「電子カルテ関連」、大相場へと動き出した“有望銘柄のリスト”.. (08/19)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 (08/18)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! (08/18)
  6. 山田勉氏【米国株は戻り足、日経平均続伸で視界は変わるか】(2) <相場観特集> (08/19)
  7. 5日と25日線【ゴールデンクロス】低PBR 20社選出 <テクニカル特集> 8月19日版
  8. 個人投資家・有限亭玉介:決算を超えて監視した銘柄群を一部公開.. (08/18)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月16日現在)
  10. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<最終回> (08/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月21日発表分) 注目
  2. 2
    21年後半相場の4大テーマ株を狙え! 活躍期待の注目銘柄3選(2)【再生可能エネルギー】 <連休特別企画> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ミニ・バフェットを目指せ! 市況
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─辛抱(猛暑)の夏の後は涼風(実り)の秋! 市況
  5. 5
    21年後半相場の4大テーマ株を狙え! 活躍期待の注目銘柄3選(3)【電気自動車(EV)】 <連休特別企画> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.