ログイン
2019年10月9日 8時09分
材料

IoT企業 社長の横顔---GMOクラウド

「IoT製品に搭載するICチップ一つひとつにセキュリティを入れていきたいんです」と語るのはGMOクラウド<3788>の青山満(あおやま みつる)社長。同社の将来的な目標はセキュリティを中心としたIoTプラットフォームをリードする企業になること。サーバにアクセスしてくる一つひとつのIoT製品を識別可能な状態で一元管理できるプラットフォームを提供する。対象は、自動車や家電ばかりではなく、酪農業にまで及ぶ。Longview社を含む3社との協業では、牧場で牛の耳や首輪にセンサーを取り付けることで、牧場主が頭数を確認したり、脱走を検知したりするアグリテクノロジーへの活用を目指す。

中学生の頃、テレビで見たNASAのスペースシャトルに惹かれ、大学では工学部で流体力学を専攻した。卒業後、エンジニアとして入社した航空計器メーカーでは新製品開発に没頭した。開発したフライトレコーダーは、日本の宇宙開発プロジェクトにも採用された。

趣味はスノーボード。しかし、このスノーボードが現在の会社の原点にあったとは意外だ。エンジニアとしての仕事に取り組む傍ら、当時はまだ日本では高価だったスノーボードを購入するため、米国と日本を行き来していた。そのうち、並行輸入業務をはじめ、ビジネスは当たったが、輸入元が商品を出さなくなった。持ち前の行動力が発揮された。「自分でスノーボードのメーカーを立ち上げたんです。」

しかし、結果として築いたのはスノーボードの在庫の山だった。大量の在庫を何とか処分したいと試行錯誤しているうちに見つけたのがインターネットだった。しかし、当時の技術では、ECサイトの構築も非常に手間がかかった。万事休していたときに出会ったのが、当時のアイルの社長。一年で新規プロジェクトを立ち上げる契約で入社し、現在のクラウド・ホスティング事業の前身となるレンタルサーバー事業を、見事立ち上げた。

「実は、『レンタルサーバー』という言葉を最初に使ったのも私なんです。今思えば、商標登録しておけば良かった。当時は米国でも、ウェブ・ホスティングという言葉しかなかったですから」

同社では、クラウド・ホスティング事業をはじめ、国内シェア50%以上で海外市場でも堅調なSSLサーバ証明書を発行するセキュリティ事業、工場やビルのメーター点検・管理サービス等のソリューション事業を有し、さらにこの3つの事業のシナジーを活かして本格的にIoT事業に注力していく。「米国のIoT企業は発想のスケールが違います。経営理念にも掲げましたが、コトをITで変えていく。社会に役立つ企業でありたいという気持ちは事業立上げ当時から変わっていません。今後も新しい分野に挑戦していきます」と青山社長は熱く語っていた。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 「リチウムイオン電池」が23位にランク、ノーベル賞関連でも期待感.. (10/07)
  2. 米中協議に揺れるNYダウ、米株「秋相場」の行方と企業決算の急所 <株探トップ.. (10/07)
  3. 上方修正カウントダウン、株高期待膨らむ「有力候補7銘柄」はこれだ!.. (10/07)
  4. 激震相場でも我が道を行く!「秋の爆騰ロード躍進株」7連弾 <株探トップ特集> (10/05)
  5. 雨宮京子氏【様子見の東京市場、ここは買い場かそれとも…】(1) <相場観特集> (10/07)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 圧倒優位のコア技術にフォーカス! (10/06)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 長期・逆張りと短期・順張りの投資配分は? (10/06)
  8. 上方修正“先回り”、19年12月期【業績上振れ】候補 31社選出 <成長株特集> (10/06)
  9. 【RSI(20%以下)】低PBR 14社選出 <テクニカル特集> 10月8日版
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月4日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月15日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★プロパスト、田中化研、東京衡機などに注目! New! 注目
  3. 3
    本番突入「半導体関連」逆襲高のステージ、EUV技術が開拓する新たな地平 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月15日) 注目
  5. 5
    明日の株式相場戦略=往来圏を突き抜けるか正念場 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.