ログイン
2019年10月17日 8時58分
材料

北の達人コーポレーション---2Qは2ケタ増収増益、売上高は過去最高を達成

北の達人コーポレーション<2930>は15日、2020年2月期第2四半期(19年3月-8月)決算を発表した。売上高が前年同期比28.0%増の50.55億円、営業利益が同45.8%増の13.90億円、経常利益が同45.8%増の13.90億円、四半期純利益が同42.8%増の9.47億円となった。

当第2四半期累計期間については、前年度より引き続き取り組んでいる集客体制の強化及び「刺す化粧品」シリーズの大ヒットによって、7月度の月商が過去最高記録を更新し、更に売上高についても四半期会計期間としては過去最高を記録した。なお、営業利益も引き続き高い成長を実現している。また、売上の約7割を支える定期顧客数についても堅調に推移しており、継続的に商品を購入してもらうことで安定成長する定期購入型のビジネスモデルをより強固にする結果となっている。

2019年4月12日に公表した業績予想値との比較については、営業利益が当初予想12.88億円から1.01億円上回る等、各段階利益が大幅に超過する結果となった。これは、第1四半期に「刺すヒアルロン酸化粧品『ヒアロディープパッチ』」が予想以上の人気を博したため製造が追いつかなくなったことから、広告出稿を抑え、受注を抑制したことにともない、広告宣伝費が当初の計画を大きく下回ったことによる。一方で、広告出稿の抑制により新規獲得件数が想定を下回り、売上高は当初予想52.96億円に対し2.40億円未達となった。その他、売上高規模が小さい商品群については、拡販を実現するために集客体制の強化に取り組んだ。具体的には、販売ページ及び広告原稿の起案や販売動線の選定を統括するディレクターを増員し、新規獲得件数の増加に向けて適切な時間を費やすことができるよう集客体制の整備を行った。

2020年2月期の業績予想については、売上高が前期比31.6%増の109.39億円、営業利益が同45.2%増の27.02億円、経常利益が同45.2%増の27.03億円、当期純利益が同46.2%増の18.90億円とする期初計画を据え置いている。また、同日、2020年2月期の1株当たり中間配当金を2.00円から0.10円増配し、2.10円にすることを発表した。2020年2月期の1株当たり配当金は、中間配当金2.10円・期末配当金2.10円・年間配当金4.20円となる予定。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 人材関連にフォローの風、政策支援で急浮上するハイスペック銘柄を追え.. (10/16)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月16日版
  3. 本番突入「半導体関連」逆襲高のステージ、EUV技術が開拓する新たな地平.. (10/15)
  4. 今週の上方修正【大予想】 20社選出 <成長株特集> (10/14)
  5. 材料株“百花繚乱”、上昇メガトレンドに乗る「選ばれし中低位7銘柄」.. (10/12)
  6. 「復興関連」が7位、相次ぐ自然災害で建設関連に資金向かう<注目テーマ> (10/15)
  7. 武者陵司 「ニューノーマルと化した米中覇権争い、日本株にチャンスが」 (10/16)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 某OL(emi)さんの場合<第2回> (10/11)
  9. 10月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (10/14)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 大イベントには“後出しジャンケン”で対処! (10/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … スズキ、ZHD、丸紅 (7月31日~8月6日発表分) 特集
  2. 2
    アンジェス---新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの大量生産に向けてKaneka Eurogentecが参画 材料
  3. 3
    10万円以下で買える、高ROE&好業績 19社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】大幅反発、週前半は米株高と買い戻しで急上昇も後半失速 市況
  5. 5
    今週の【話題株ダイジェスト】 ディーエヌエ、ベガコーポ、クレオス (8月3日~7日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.