ログイン
2019年11月5日 12時00分
材料

ダイナックホールディングス---3Q増収、強みを活かした収益基盤の強化を推進

ダイナックホールディングス<2675>は1日、2019年12月期第3四半期(2019年1月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.2%増の271.80億円、営業損失が2.52億円(前年同期は3.12億円の損失)、経常損失が1.42億円(同0.57億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失が3.36億円(同0.95億円の損失)となった。

店舗展開としては、気軽にワインを飲みながらステーキとフレンチ料理を楽しめるワインビストロ「ラ・ブーシェリー・エ・ヴァン」を皮切りに、豪快に焼き上げる鉄板料理が魅力の「肉バルガブル」、既存の「魚盛」業態を女性同士や家族連れにも楽しめる業態としてリ・ブランドした「サカナ酒場 魚盛」を出店するとともに、新名神高速道路・鈴鹿パーキングエリアの商業施設「PITSUZUKA(ピットスズカ)」の受託運営を開始したほか、東北自動車道・蓮田サービスエリア内へフードコートモデルにリ・アレンジした「鳥どり」の出店やゴルフクラブレストラン等の受託を含めて、新規に9店舗を出店した。そのほか、昨年来進めている業態変更やブランド価値の向上を目指した店舗改装を積極的に実施する一方で、11店舗を閉店し、当第3四半期末のグループ店舗数は252店舗となった。

また、引き続き同社グループ事業の強みを活かした収益基盤の強化を推進した。当第3四半期累計期間における業績については、売上面では天候不順・自然災害等の影響もあったが、増収となった。損益面は、採用・教育を積極的に強化したことに加えてアルバイト・パート時給単価の上昇による人件費の増加や、相対的に原価率の高い物販関連の売上増加に伴う原価率悪化の影響があったが、出店に伴う一時費用の減少により、営業損失の損失幅は縮小した。

2019年12月期通期については、同日、業績予想の修正を発表した。売上高が前期比3.0%増の371.70億円、営業利益が同55.8%減の1.20億円、経常利益が同63.0%減の2.40億円、親会社株主に帰属する当期純損失が1.60億円としている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 今週の上方修正【大予想】 29社選出 <成長株特集> (11/04)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 好悪の材料セットが演出する株高! (11/03)
  3. 復活の第1章突入へ、大駆け低位株「変身前夜の5銘柄」 <株探トップ特集> (11/02)
  4. 【植木靖男の相場展望】 ─ NYダウの史上最高値更新がカギ (11/02)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ Tech(技術革新)がマーケットを救う! (11/03)
  6. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月1日版
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 某OL(emi)さんの場合<特別編> (11/01)
  8. 個人投資家・有限亭玉介:成長&業績期待の注目株を押し目狙いでピックアップ.. (11/03)
  9. 11月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/04)
  10. 5万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」21社【2部・新興】編.. (11/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 towaさんの場合-最終回 特集
  2. 2
    経済対策26兆円の新潮流、「建設・IT融合」で“怒涛の株高”5銘柄 <株探トップ特集> New! 特集
  3. 3
    10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」18社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    国内株式市場見通し:米中協議次第で、日経平均は高値更新を意識 市況
  5. 5
    来週の決算発表予定 神戸物産、エニグモ、HISなど (12月9日~13日) 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.