ログイン
2019年11月5日 17時25分
通貨

欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、米経済指標を好感も109円台は売り

5日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。米中協議の進展期待でリスクオンの円売りが続く見通し。また、米国の底堅い経済指標や楽観的な当局者発言でドル買いも出やすい。ただ、109円台はドル売りが強まるとみられ、下押しの可能性もあろう。

米中貿易交渉は前週末の電話協議で農業や金融などの分野で大筋合意に達した。知的財産権の保護をめぐる問題はなお議論が続くものの、両国首脳は今月中に部分合意の署名を行う方向。トランプ米大統領は「(米中協議は)合意に近づいている。中国は合意を強く望んでいる」とし、署名に前向きな姿勢を示している。そうした流れを受け前日からリスクオンのムードが広がりやすく、本日アジアでもその流れが受け継がれた。3連休明けの東京市場は日経平均株価が前週末比400円超高の堅調地合いとなり、円売りが主要通貨を押し上げ、ドル・円は108円後半に強含んだ。

今晩は米国の経済指標や地区連銀総裁の発言が注目される。1日に発表された雇用統計が堅調な内容となり、12月の追加利下げ観測は徐々に弱まっている。そうしたなか、24時発表の9月JOLT求人件数と10月ISM非製造業景況指数はいずれも前回を上回ると予想され、株高や長期金利の上昇を手がかりにドル買いに振れやすい。また、リッチモンドやダラスの地区連銀総裁の本日の講演では米国経済を再評価する内容が想定され、ドル買いの支援材料となりそうだ。ただ、ドル・円は今年6月以降、109円台前半で上昇を阻まれるケースが目立っており、目先も強いドル売りが下押しする可能性はあろう。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】

・18:30 英・10月サービス業PMI(予想:49.7、9月:49.5)

・19:00 ユーロ圏・9月生産者物価指数(前年比予想:-1.2%、8月:-0.8%)

・22:00 バーキン米リッチモンド連銀総裁講演

・22:30 米・9月貿易収支(予想:-524億ドル、8月:-549億ドル)

・22:30 カナダ・9月貿易収支(予想:-6.5億加ドル、8月:-9.6億加ドル)

・23:45 米・10月サービス業PMI改定値(予想:51.0、速報値:51.0)

・24:00 米・9月JOLT求人件数(予想:706.3万件、8月:705.1万件)

・24:00 米・10月ISM非製造業景況指数(予想:53.5、9月:52.6)

・02:40 カプラン米ダラス連銀総裁講演

・03:00 米財務省3年債入札(380億ドル)

・08:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ヤマハ、NTTデータ、国際石開帝石 (11/05)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):コマツ、日経レバ、ワークマン (11/05)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):任天堂、トヨタ、三井E&S (11/05)
  4. 【↑】日経平均 大引け| 大幅反発、リスクオン一色で新高値更新 (11月5日)
  5. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 16 銘柄  S安= 4 銘柄 (11月5日)
  6. ★本日の【サプライズ決算】速報 (11月05日)
  7. 復活の第1章突入へ、大駆け低位株「変身前夜の5銘柄」 <株探トップ特集> (11/02)
  8. 今週の上方修正【大予想】 29社選出 <成長株特集> (11/04)
  9. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (11月5日)
  10. 明日の決算発表予定 SBG、SUMCOなど177社 (11月5日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月7日発表分) New! 注目
  2. 2
    【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! 市況
  3. 3
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版 市況
  4. 4
    「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト” <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ力”企業 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.